サン=トロフィーム教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サン=トロフィーム教会

サン=トロフィーム教会Cathédrale Saint-Trophime d'Arles)は、南フランスの都市アルルに存在するロマネスク様式の教会堂。教会そのものもさることながら、美しい彫刻が刻まれた柱の並ぶ回廊も高く評価されており、「アルルのローマ遺跡とロマネスク様式建造物群」の一つとして世界遺産に登録されている。

歴史[編集]

もともとはこの教会の敷地に存在していたのは、聖ステファノ(サン=テチエンヌ)に献堂されたバシリカ式教会堂であった。

11世紀から、当時アリスカンに眠っていた聖トロフィムス3世紀のアルルの聖人)の聖遺物(遺体)を、この教会に安置しなおそうという動きが持ち上がり、ロマネスク様式の現在の教会堂の原型が形成された。そして、1152年に聖トロフィムスの聖遺物が移されると、彼にちなんで「サン=トロフィーム大聖堂」となった。

15世紀にはゴシック様式の内陣が加えられた。

かつてこの教会は大聖堂(司教座聖堂)であったが、1801年に小教区教会に格下げされた。

特色[編集]

回廊

入り口のティンパヌムには、最後の審判をイメージした彫刻がある。そこでは、イエスが中心に配され、マタイルカマルコヨハネらが黙示録の四つの獣に対応させられる形で描かれている。

またその周囲の壁面などにも、十二使徒受胎告知、ステファノの石打ち等の聖書にゆかりのある諸情景、および諸聖人が刻まれている。

回廊の柱も様々な美しい彫刻に彩られている。ここには、イエスの生涯などのほか、地元プロヴァンスにゆかりのある聖トロフィムスや怪物タラスクなども描かれている。

参考文献[編集]

  • 渡邉浩司「アルルのサン・トロフィーム教会正面扉口を読む」『草のみどり』(中央大学父母連絡会)第164号、2003年3月、p.70-75.

関連項目[編集]