サリー・ムンタリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サリー・ムンタリ Football pictogram.svg
Sulley Muntari - Inter Mailand (1).jpg
名前
本名 Suleyman Ali Muntari
愛称 サリー
カタカナ スレイマン・アリ・ムンタリ
ラテン文字 Sulley Ali MUNTARI
基本情報
国籍 ガーナの旗 ガーナ
生年月日 1984年8月27日(30歳)
出身地 アシャンティ州コノンゴ
身長 180cm
体重 79kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 ACミラン
ポジション MF (CH)
背番号 4
利き足 左足
ユース
2000-2001 ガーナの旗 リバティー・プロフェッショナルズFC
2001-2002 イタリアの旗 ウディネーゼ・カルチョ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2007 イタリアの旗 ウディネーゼ・カルチョ 125 (8)
2007-2008 イングランドの旗 ポーツマスFC 29 (4)
2008-2012 イタリアの旗 インテルナツィオナーレ・ミラノ 66 (7)
2011 イングランドの旗 サンダーランドAFC (loan) 9 (0)
2012 イタリアの旗 ACミラン (loan) 13 (3)
2012- イタリアの旗 ACミラン 42 (7)
代表歴2
2001  ガーナ U-20 7 (0)
2002- ガーナの旗 ガーナ 83 (21)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年9月15日現在。
2. 2013年10月15日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

スレイマン・アリ・ムンタリアラビア語: سليمان علي مونتاري‎、Suleyman Ali "Sulley" Muntari‎、 1984年8月27日 - )は、ガーナアシャンティ州コノンゴ出身のプロサッカー選手セリエAACミラン所属。ガーナ代表。ポジションはミッドフィールダー。弟のサリー・ムニルもサッカー選手であり、CFRクルジュに所属している。

来歴[編集]

クラブ[編集]

プロ入り前[編集]

ガーナの首都アクラにあるリバティー・プロフェッショナルズFCのユースチームでサッカー選手としてのキャリアをスタートさせる。

ウディネーゼ・カルチョ[編集]

ユースレベルでの活躍からプレミアリーグマンチェスター・ユナイテッドを始めとする複数のクラブから誘いを受け、最終的にはセリエAウディネーゼ・カルチョに加入。2002年11月6日、対ACミラン戦でセリエAデビューを果たした。

2002-03シーズンより監督に就任したルチアーノ・スパレッティの下でチームは2002-03シーズン・5位、2003-04シーズン・7位、2004-05シーズン・4位と好調を維持し、その中でチームの中核としてプレー。2005-06シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグの舞台も経験した。一方でスパレッティが同じセリエAのASローマに移って以降、ウディネーゼは精彩を欠き、2005-06シーズン・2006-07シーズンと続けて10位に甘んじてしまう。

ポーツマスFC[編集]

サッカー選手としての更なるキャリアアップを求めて移籍を決断し、セリエAの強豪クラブからのオファーもあったが、プレミアリーグでのプレーを希望。2007年5月30日にかねてからオファーを受けていたポーツマスFCへ移籍した[1]

インテルナツィオナーレ・ミラノ[編集]

2008年7月28日インテル・ミラノへ推定1400-1600万ユーロ、4年契約で移籍した[2]。インテルでの1年目は計38試合に出場し5得点を挙げる活躍をみせ、インテルのセリエA4連覇に貢献した。

2010年3月12日、第28節のカルチョ・カターニア戦で2分間で2枚のイエローカードが出され退場になる。1-1の同点で迎えた79分、エステバン・カンビアッソと交代で入ると、直後のプレイでイエローカードが出され、カターニャのFKとなる。壁はペナルティ・エリア内で作られたが、そこでハンドを犯し2枚目のイエローカードで退場となる。そして、カターニャはPKを決めて逆転に成功する。試合は3-1でインテルが敗れた[3]

サンダーランドAFC[編集]

2011年1月31日サンダーランドAFCへレンタル移籍。

ACミラン[編集]

2012年1月31日にはACミランへレンタル移籍[4]。インテルとの契約が満了した2012年7月、新たにミランと契約を結んで完全移籍した。

2013年12月22日 かつて所属していたインテルとのミラノダービーに先発出場したが、後半途中レッドカードで退場。ACミランは1-0で敗れた。

代表[編集]

Sulley muntari.jpg

2001 FIFAワールドユース選手権のガーナ代表メンバーに選出され、準々決勝でカカ擁するブラジル代表戦に勝利した。決勝では開催国であるアルゼンチン代表に敗れたが、それまで無敗というチームの快進撃にレギュラーとして貢献した。

2002年スロベニア戦でガーナA代表デビューを果たした。その後はブラック・スターズ(ガーナ代表の愛称)の中心選手となり、2006 FIFAワールドカップに出場した。イタリアチェコアメリカと強豪揃いのグループEだったが、チェコ戦でゴールを決めるなどチームのグループリーグ突破に貢献した。決勝トーナメント1回戦ではブラジルと対戦し0-3で敗戦するものの、スティーヴン・アッピアーマイケル・エッシェンらと共にプレーした。

2008年アフリカネイションズカップでは大会ベストイレブンに選出された[5]

2009年9月6日2010年ワールドカップ予選スーダン戦ではガーナを2大会連続のワールドカップ出場へ導く決勝ゴールを挙げた。

2010年7月2日2010 FIFAワールドカップ・準々決勝のウルグアイ戦にて前半47分に約30メートルの距離からロングシュートを決め、先制点を挙げたが、チームはPK戦で敗れた。

2014年6月26日2014 FIFAワールドカップグループステージ第3戦のポルトガル戦を控えて、ケヴィン=プリンス・ボアテングとともに代表チームを追放されたことがガーナサッカー協会より発表された。

所属クラブ[編集]

インテルでプレーするムンタリ
ユース経歴
プロ経歴

獲得タイトル[編集]

クラブ[編集]

ポーツマス
インテル

個人[編集]

  • アフリカネイションズカップ大会ベストイレブン : 2008

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]