サジダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サジダ: Sajdah or : Sujud, : سجدة‎, 発音 [ˈsædʒdæ(tu)])or sujūd: سُجود‎, [sʊˈdʒuːd])は、イスラームにける礼拝姿勢の一つ。[1]額を地に付ける平伏叩頭姿勢。

サジュダとも呼ばれる。これに由来し、礼拝時に用いる絨毯を「サッジャーダ」と呼ぶ。「サッジャーダ・ナシーン」という言葉もある[2]

中東ではイスラーム以前は太陽信仰が盛んだったが、イスラームでは完全否定された。太陽はアッラーアーヤ(徴のこと)にすぎず、太陽でなくアッラーにサジダすべきと、Q41章37節に書かれている[3]

サジダ節[編集]

クルアーンの全114章(スーラ)のうち、マッカ啓示(en)の計14章において、「サジダ節」と呼ばれる節が含まれている(22「巡礼」のみに2つの節が含まれるため計15ヶ所)。

この節を耳にしたイスラム信徒は、いつでもその場で「サジダ」を行うことが求められているという[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『真実のイスラーム : 聖典コーランがわかればイスラーム世界がわかる』 (学習研究社、2006、鈴木紘司、p.121-122)
  2. ^ 岩波イスラーム辞典(2002) 「サジュダ」「サッジャーダ」「サッジャーダ・ナシーン」
  3. ^ 岩波イスラーム辞典(2002) 「太陽」

関連項目[編集]