クライシュ族 (クルアーン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クライシュ族
قريش
Quraysh
クライシュ
Westerner on a camel.jpg
クライシュ族
啓示 マッカ啓示
啓示時期 マッカ初期
詳細
スーラ 第106章
アーヤ 全4節
ジュズウ 30番
ルクー 1回
語数 17語
文字数 73文字
前スーラ
次スーラ 慈善
テンプレートを表示
音楽・音声外部リンク
Islam House.com - タルティール朗誦法による (朗誦者: ファーリス・アッバード)
音楽・音声外部リンク
Islam House.com - タジュウィード朗誦法による (朗誦者: ムハンマド・スィッディーク・アル=ミンシャーウィー)

クライシュ族』(クライシュぞく、アラビア語: قريشUNGEGN式: Quraysh クライシュ)は、アル・クルアーン(コーラン)における第106番目のスーラである。クライシュ族は名門部族であり、マッカ(メッカ)の商業を掌握していた。ムハンマドはクライシュ族である。ムハンマドは後にクライシュ族と対立し、戦うことになる。本章は、戦いが始まる以前の啓示である。ムハンマドとクライシュ族は、後に和平条約を締結する。

主な内容[編集]

クライシュ族と、クライシュ族の隊商の冬と夏を[1]、保護する[2]ために、神殿[3]の主を、クライシュ族に崇めさせよ。その主は、クライシュ族から飢えと恐れを取り除くのである。 - 1節から4節

アラビア語による『クライシュ族』全文[編集]

アル・クルアーン第106章 『قريش (クライシュ族)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ クライシュ族の隊商(キャラバン)は、冬にイエメン、夏にシリアへ行き、中継貿易を独占した。
  2. ^ 保護は、の恩恵による。
  3. ^ カアバのこと。

外部リンク[編集]