開端 (クルアーン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
開端
سورة الفاتحة
Al-Fatiha
アル・ファーティハ
Sura1.pdf
開端
啓示 マッカ啓示
詳細
スーラ 第1章
アーヤ 全7節
ジュズウ 1番
語数 29語
文字数 139文字
前スーラ -
次スーラ 雌牛
テンプレートを表示

開端(アル=ファーティハ、Al-Fatiha)はクルアーンの最初のスーラで、マッカ時代最初期の啓示の一つである。アッラーの導きと支配、慈悲を称える7つのアーヤから構成される。このスーラは毎日の祈りサラートの最初の部分に使われる。ムスリムは1日に最低17回は開端を暗唱する。

開端章は、ファーティハ・アルキターブ(Fatiha al-Kitāb)とも呼ばれる(ファーティハは動詞「開く」の派生語)[1]

解釈[編集]

ムスリムは、クルアーンはアッラーからアラビア語で与えられた啓示であると信じている。他の言語への翻訳は単に表面的な訳に過ぎず、真のクルアーンではないと考えている。

原語のアラビア語とその翻訳は以下のようになる。

1:1 بِسْمِ اللّهِ الرَّحْمـَنِ الرَّحِيم

Bismillāhi r-raḥmāni r-raḥīm
神の御名の下に最高の慈悲を。

1:2 الْحَمْدُ للّهِ رَبِّ الْعَالَمِين

Al ḥamdu lillāhi rabbi l-'ālamīn
全ての感謝は世界の神アッラーただ一人へ。

1:3 الرَّحمـنِ الرَّحِيم

Ar raḥmāni r-raḥīm
アッラーは最高の慈悲を持ち、

1:4 مَـالِكِ يَوْمِ الدِّين

Māliki yawmi d-dīn
最後の審判の日の支配者である。

1:5 إِيَّاك نَعْبُدُ وإِيَّاكَ نَسْتَعِين

Iyyāka na'budu wa iyyāka nasta'īn
我々はあなたのみを崇拝し、あなたのみに助けを求める。

1:6 اهدِنَــــا الصِّرَاطَ المُستَقِيمَ

Ihdinā ṣ-ṣirāṭ al-mustaqīm
我々全てを正しい道に導きたまえ。

1:7 صِرَاطَ الَّذِينَ أَنعَمتَ عَلَيهِمْ غَيرِ المَغضُوبِ عَلَيهِمْ وَلاَ الضَّالِّين

Ṣirāṭ al-laḏīna an'amta 'alayhim ġayril maġḍūbi 'alayhim walāḍ ḍāllīn
あなたの怒りを与えられた者や自分の道を見失った者ではなく、あなたの恩寵を授けられた者の道に。

備考[編集]

"bismillāhir rahmānir rahīm"という最初の節(この節のことを「タスミ(tasmiyya)」と呼ぶことがある[1])は、ムスリム社会の至る所で見られるため、非アラビアの人にも馴染みがあるかもしれない。この節は、第9章を除くクルアーンの全ての章の冒頭に登場する。日常の祈りの際、全ての章の前に暗唱される他、神の祝福を得る手段として日常の様々な行動の前にも暗唱される。

"ar rahmān"と"ar rahīm"という2語の言葉は、しばしば「慈悲深い」等と翻訳される。最上級で「最も慈悲深い」等と訳されることもある。前者は程度を表し、後者は時間を表す。

第2節のالحمد الله"は、アラビア語で最も有名なフレーズの1つであり、個人の意志や幸福、不幸への慰めを意味する。この節には、神の2つの名前"الله"と"رب"の関係が出てくる点でも重要である。前者は神の遍在的な名前であり、後者はおおよそ英語のLordに相当するものである。どちらもヘブライ語の"rabbi"に由来する。この2語を全て赤字で印刷しているクルアーンもある。

第4節の最初の単語は、クルアーンの版によって異なっている。最もポピュラーなのは、「王」を意味する短いaの"maliki"か、「主人」を意味する長いaの"māliki"である。"maliki"も"māliki"も、どちらも同じセム語根に由来している。

第7節で、「あなたの怒りを与えられた者」という表現はユダヤ教、「自分の道を見失った者」という表現はキリスト教に取り入れられている。

統計[編集]

このスーラには、7つの節、29語、139文字が含まれているが(第1節を除くと25語120文字)、Ibn Kathirは「開端は25語113文字からなっていると言われている」と語っている。これは、文字の数え方の違いによるものである。また、クルアーンは元々書かれたものではなく口承のものなので、英語と米語のような若干のスペルの違いがある。

重要性[編集]

ハディースの中に「祈りの中に開端のスーラを入れない場合、その祈りは無効である」と書かれているせいで、多くのイスラム学者がこの節の重要性を強調している。実際には、伝統に則ったサラートを行うムスリムは最低でも1日17回は開端のスーラを唱えることになる。

13章(雷電)39節などにある「ウンム・アル=キターブ(umm al-kitāb)」という語は、字義通りに受け取ると、「書物の母」を意味するというが、この­第1章(開端)自体全体を指しているという指摘もある[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b 吉村作治『コーランの奇蹟』p.98 (1983年1月、経済界 タツの本、ISBN 4766700716
  2. ^ 岩波イスラーム辞典「ウンム・アル=キターブ」

外部リンク[編集]