サイコ2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サイコ2』(原題:Psycho II)は、ロバート・ブロック作のホラー小説、および1983年制作のアメリカ合衆国ホラー映画。 

小説[編集]

映画[編集]

サイコ2
Psycho II
監督 リチャード・フランクリン
脚本 トム・ホランド
原作 ロバート・ブロック
(キャラクター創作者として)
製作 ヒルトン・A・グリーン
製作総指揮 バーナード・シュワルツ
出演者 アンソニー・パーキンス
ヴェラ・マイルズ
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 ディーン・カンディ
編集 アンドリュー・ロンドン
配給 CIC
公開 アメリカ合衆国の旗 1983年6月3日
日本の旗 1983年9月10日
上映時間 113分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $5,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗$34,725,000[2]
前作 サイコ
次作 サイコ3/怨霊の囁き
テンプレートを表示

サイコ』の続編として製作されているが、前作とは違い、原作を基に映画化したものではない(ユニバーサル・ピクチャーズの方針による)[3]。よって、映画と小説は内容が大きく異なっている。なお、ブロックは映画ではキャラクター創作者としてクレジットされている。

あらすじ[編集]

冒頭、前作のシャワールームでのマリオン惨殺シーンが流れる。

22年後、精神病院に収容されて治療を受けていた犯人ノーマン・ベイツは、病気が治癒したと判断され、裁判所から釈放命令が出される。マリオンの妹ライラは異議を申し立てるが却下され、ノーマンは釈放される。

ノーマンは主治医レイモンドの紹介で、自宅近くの町のレストランで働き始め、同僚のメアリーと仲良くなるが、母親の影が再び頭をもたげてくるようになり、やがて彼の周囲で殺人事件が起きるようになる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ノーマン・ベイツ アンソニー・パーキンス 松橋登
ライラ・ルーミス ヴェラ・マイルズ 中西妙子
ビル・レイモンド博士 ロバート・ロッジア 小林勝彦
メアリー・サミュエルズ メグ・ティリー 戸田恵子
ウォーレン デニス・フランツ 飯塚昭三
ジョン・ハント保安官 ヒュー・ギリン 富田耕生
ラルフ ロバート・アラン・ブラウン
エマ・スプール医師 クローディア・ブライアー 麻生美代子
少年時代のノーマン オズ・パーキンス[4]

その他、加藤正之岡のり子深見梨加

初放送:テレビ朝日日曜洋画劇場1987年7月26日

配役[編集]

メアリー役には、前作で殺害される役を演じたジャネット・リーの実の娘であるジェイミー・リー・カーティスが候補に上がっていた[5]

マリオンの婚約者(事件後、ライラと結婚した)サムは登場しない。劇中では既に亡くなっている設定になっている。前作でサムを演じたジョン・ギャヴィンは当時、俳優を引退して駐メキシコ大使を務めていた(1981年から1986年まで赴任)。ライラ役のヴェラ・マイルズは前作に続いての出演である。

その他[編集]

ヒロイン役を演じたメグ・ティリー前作を見た事がなく、アンソニー・パーキンスがその作品で高い評価を受けている事も知らなかったため、撮影現場で不用意な発言をしてパーキンスの怒りを買ってしまった[6]

脚注[編集]

  1. ^ ..::The Psycho Movies.com::..
  2. ^ Box Office Information for Psycho II
  3. ^ Interviews - From Psycho to Asylum: The Horror Films of Robert Bloch”. The Unofficial Robert Bloch Website. 2009年8月15日閲覧。
  4. ^ アンソニー・パーキンスの実の息子。
  5. ^ Psycho II (1983) - Trivia imdb.com
  6. ^ Psycho II (1983) - Trivia IMDb

外部リンク[編集]