フレディ・ハイモア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フレディ・ハイモア
Freddie Highmore
フレディ・ハイモアFreddie Highmore
本名 アルフレッド・トーマス・ハイモア
(Alfred Thomas Highmore)
生年月日 1992年2月14日(22歳)
出生地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 俳優
活動期間 1999年 -
主な作品
ネバーランド
チャーリーとチョコレート工場

アルフレッド・トーマス・“フレディ”・ハイモアAlfred Thomas "Freddie" Highmore1992年2月14日 - )は、イギリス俳優

来歴[編集]

私生活[編集]

ロンドン出身。父親は俳優のエドワード・ハイモア(Edward Highmore)、母親はダニエル・ラドクリフイメルダ・スタウントンのエージェントであるスー・ラティマー。1995年生まれの弟バーティ(アルバート)も俳優。

趣味の1つはサッカー、シーズンチケットを持っているほどのアーセナルファンである。 また、テレビゲームも趣味。

クラリネットを演奏できる。また、映画『奇跡のシンフォニー』で演じるために6ヶ月間特訓したため、ギターも演奏できる。

2009年夏、同じく子役のダコタ・ファニングとのディナーデートが報じられる。

俳優活動[編集]

1999年に『Woman Talking Dirty』でデビュー。

2004年公開のマーク・フォースター監督作品『ネバーランド』にてピーター・パンのモデルになったとされるピーター少年役での自然かつ繊細な演技が評価され、放送映画批評家協会賞若手男優賞などを受賞し、注目の子役となる。翌年公開のティム・バートン監督作品『チャーリーとチョコレート工場』でジョニー・デップの推薦により、主人公チャーリー役に起用された。同作品で再び放送映画批評家協会賞若手男優賞を受賞した。

2009年公開の『鉄腕アトム』をハリウッドでアニメ化した『ATOM』では、主人公アトムの声を担当した。

トリビア[編集]

尊敬する俳優は、『ネバーランド』や『チャーリーとチョコレート工場』で共演したジョニー・デップ

ケンブリッジ大学エマニュエルカレッジに在学中で、スペイン語とアラビア語を専攻している。

フランス語、スペイン語を流暢に話す。

出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
2004 ジム・ヘンソンの不思議の国の物語
Five Children and It
ロバート 日本未公開
トゥー・ブラザーズ
Two Brothers
ラウール
ネバーランド
Finding Neverland
ピーター・ルウェリン・デイヴィズ
2005 チャーリーとチョコレート工場
Charlie and the Chocolate Factory
チャーリー・バケット
2006 プロヴァンスの贈りもの
A Good Year
少年時代のマックス
アーサーとミニモイの不思議な国
Arthur and the Invisibles
アーサー
2007 奇跡のシンフォニー
August Rush
エヴァン・テイラー/オーガスト・ラッシュ
ライラの冒険 黄金の羅針盤
The Golden Compass
パンタライモン 声の出演
2008 スパイダーウィックの謎
The Spiderwick Chronicles
サイモン・ジョージ/ジャレッド・ジョージ
2009 ATOM
Astro Boy
アトム 声の出演
アーサーと魔王マルタザールの逆襲
Arthur and the Vengeance of Maltazard
アーサー
2010 トースト~幸せになるためのレシピ~
Toast
ナイジェル 日本未公開
アーサーとふたつの世界の決戦
Arthur3:The War of the Two Worlds
アーサー 日本未公開
2011 最低で最高のサリー
The Art Of Getting By
ジョージ 日本未公開

外部リンク[編集]