コロンビア交響楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コロンビア交響楽団コロムビア交響楽団、Columbia Symphony Orchestra)は、1950年代から1960年代にかけて、アメリカコロンビア・レコードレコード録音のために編成されたオーケストラの名称である。単一の団体として独自の活動は行わない。その実体も、レコーディング・セッションの度に臨時編成されたアンサンブルであったり、契約上の都合による既存のオーケストラの変名(俗にいう「覆面オーケストラ」)であったりしており、単一のものではない。中でも特に知られているのは、ブルーノ・ワルターのステレオ録音にクレジットされたオーケストラである。

ニューヨークにおける録音専門臨時編成のオーケストラ[編集]

1950年代から60年代にかけて、コロンビア・レコード社の関連会社コロンビア・マスターワークス社によってニューヨークで編成されたオーケストラは、ニューヨーク・フィルハーモニックメトロポリタン歌劇場ならびにNBC交響楽団の楽団員をフリーランス奏者として雇用したものであった。このようなアンサンブルによる録音には、ブルーノ・ワルターが1954年から56年にかけてニューヨークで行ったモノーラル録音、1960年代に入ってはレナード・バーンスタインによるガーシュウィンラプソディー・イン・ブルー』などがある。

クリーヴランド管弦楽団の変名[編集]

コロンビア傘下のエピック・レコード(Epic)で、ジョージ・セル指揮のコロンビア交響楽団とクレジットされている録音がある。このコロンビア交響楽団の実態はセルの手兵であったクリーヴランド管弦楽団である。変名を使っているのは、レコード会社との契約の関係からだったといわれている。

カリフォルニアにおけるワルターのステレオ録音[編集]

これに対して、1957年から開始されたブルーノ・ワルターステレオ録音のためのアンサンブルはその性質を異にしていた。コロンビア・レコード社の経営陣はステレオ録音の売り込みのためカリフォルニア州ビバリーヒルズにて半ば引退生活を送っていたワルターを担ぎ出そうと試みる。曰く、ステレオ録音は革命的な新技術であり、過去ワルターの行ってきた活動も含め、これまでのモノーラル録音は市場から完全に駆逐されるであろう、そして同社はワルターの芸術をこの最新技術で後世に残すべく、特別編成のオーケストラを組織する用意があること、云々。ワルターはこの提案に乗り、西海岸のフリーランス奏者(当時はハリウッド映画の全盛期で、ロサンジェルスには映画音楽を演奏するための有能なミュージシャンが多く集まっていた)でのオケ編成にその人選から関与したという。

ハリウッドの映画音楽ミュージシャンはクラシック音楽を演奏するための自主的団体のグレンデール交響楽団を組織していたため、ワルターのコロンビア交響楽団は実質上はこのグレンデール交響楽団と重複する部分が多かった。「ワルターのコロンビア交響楽団はグレンデール交響楽団の変名である」[1]といわれることがあるのは、こうした事情によるものである。

ただ、グレンデール交響楽団のメンバーの他に、ロサンジェルス・フィルハーモニー管弦楽団等の既成団体からの臨時参加も多かったという説もある。さらに、このオーケストラの主体はロサンジェルス・フィルのメンバーのほうにあり、それにグレンデール交響楽団所属の映画音楽ミュージシャンを加えていた、とする説もある。

  • グレンデールはロサンジェルスの郊外の小都市。グレンデール交響楽団の指導者であり音楽監督であったのは、クラシック音楽のポピュラー名曲の編曲や演奏で著名であったカーメン・ドラゴン。グレンデール交響楽団は、レコード会社によってハリウッド・ボウル管弦楽団キャピトル交響楽団の変名で録音する場合も多かった[2]

ちなみに、ワルター初のステレオ録音は、1957年2月18日ニューヨーク・フィル等とカーネギー・ホールにて録音されたマーラー交響曲第2番「復活」の第4・5楽章であったが(この録音は、翌年の2月に1~3楽章が同じ楽団、場所にて録音されて、同年8月頃にワルター初のステレオ・レコードとして2枚組で発売された)、コロンビア交響楽団としてのステレオ録音プロジェクトは、1958年1月のベートーヴェン交響曲全曲録音からスタートした。録音に於いては、ワルターの健康状態を鑑み、2日続けてレコーディングは行わないこと、1日2時間を超えないことなどの条件でセッションが行われたという。このオーケストラによって、ベートーヴェンおよびブラームス交響曲全集、モーツァルトの後期交響曲や序曲マーラーブルックナーなどの録音が残された。

中規模の臨時編成オーケストラであったこともあって、アンサンブルの点では難があり、また、既に第一線を退いていたワルターの体力・気力も衰えていたため、全盛期のモノーラル録音の演奏を評価する評論家等も多いが、それでもワルターの師マーラーの『交響曲第1番「巨人」』や得意としていたモーツァルトの交響曲、ベートーヴェンの『交響曲第6番「田園」』やシューベルトの『交響曲第8(9)番「ザ・グレート」』のように高い評価を得ている演奏もある。元がコロンビア首脳陣の商業主義的発想からとはいえ、結果としてはワルターの貴重な遺産を残すことになった。ワルターとコロンビア交響楽団の録音は、1961年3月29日と31日に行われたモーツァルトの歌劇「フィガロの結婚」序曲・歌劇「魔笛」序曲などの4曲が最後となった。

ワルターのステレオ録音での例外[編集]

ワルターのステレオ録音の中でも、ベートーヴェンの交響曲第9番(および、同時に録音されたベートーヴェンのコリオラン序曲)では合唱団などの都合から第4楽章だけ東海岸でレコーディングを行っており、オーケストラの実体もニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団であった[3]。このため第1楽章から第3楽章までと第4楽章では、同じ「コロンビア交響楽団」でもまったく違うメンバーが演奏を行っている。ただ、ワルター自身は「『第9』は第4楽章にいたってまったく異なった音楽に昇華したのであり、オーケストラが異なるのはむしろ望ましいくらいだ」と語っている。

ストラヴィンスキーの自作自演盤[編集]

その他、1950年代から1960年代にかけて大作曲家ストラヴィンスキーが録音した自作自演盤(ストラヴィンスキーは主要な自作のほとんどを録音している)の大半が、コロンビア交響楽団とクレジットされている。ただ、ここでのコロンビア交響楽団には、録音地が「カリフォルニア州ハリウッド」とされるもの(ストラヴィンスキーは当時はカリフォルニア在住だった)と「ニューヨーク」とされるものの2種類があり、そのふたつは同じコロンビア交響楽団という名前であっても、違ったオーケストラであることが自明である。

  • ストラヴィンスキーのニューヨークのコロンビア交響楽団:これは前項の通り「ニューヨークにおける録音専門臨時編成のオーケストラ」であった。
  • ストラヴィンスキーのハリウッドのコロンビア交響楽団:これは「ワルターのコロンビア交響楽団」と時期的および地域的に重なっていることから、「ワルターのコロンビア交響楽団」と同じくグレンデール交響楽団のメンバーを主体とするオーケストラであったと考えられている。

脚注[編集]

  1. ^ ヒューエル・タークイ(三浦淳史訳)『分析的演奏論―人間の光と影—』 (音楽之友社、1973年)。
  2. ^ 出谷啓「ライナーノート」(カーメン・ドラゴン指揮ハリウッド・ボウル交響楽団『ショパン・バイ・スターライト』、東芝EMI、ECC-40192〈LPレコード〉)
  3. ^ 宇野功芳『名指揮者ワルターの名盤駄盤』(講談社プラスアルファ文庫、1995年)