ロベール・カサドシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロベール・カサドシュ
ロベールと妻のギャビー・カサドシュ

ロベール・カサドシュRobert Casadesus, 1899年4月7日 - 1972年9月19日)はフランスピアニスト作曲家。日本語ではカサドシュスの表記も見られる。

パリの音楽家一族に生まれる。パリ音楽院ルイ・ディエメに師事して、1913年に首席を、1920年にはディエメ賞を獲得。1921年ピアニストギャビー夫人と結婚した。1922年からラヴェルと協同してピアノロールへの録音を行い、フランスやスペイン、英国でもラヴェルと共演した。

独奏者として五大陸に現れ、頻繁にギャビー夫人と演奏し、また録音した。[1]門人にモニク・アースクロード・エルフェがいる。1935年からフォンテーヌブローアメリカ音楽院で教鞭を執り、第二次世界大戦中は米国に亡命した。戦後は1950年に帰国し、1952年までアメリカ音楽院の院長となった。[1]

カサドシュの演奏様式は古典的で、抑制が効いている。ラヴェル作品のほか、ジノ・フランチェスカッティとの共演によるベートーヴェンの「ピアノとヴァイオリンのためのソナタ」の録音は評価が高い。中でも「クロイツェル・ソナタ」の演奏風景は映像化され、近年DVDにも復刻された。自作の録音でもフランチェスカッティと共演した。

カサドシュは、ギャビー夫人と息子ジャンとの共演により、モーツァルトの《2台ピアノのための協奏曲》や《3台ピアノのための協奏曲》も録音した。協奏的作品の録音は、ダンディの《フランス山人の歌による交響曲》やラヴェル協奏曲もあり、それらはコロンビア交響楽団や、ジョージ・セル指揮によるクリーヴランド管弦楽団ユージン・オーマンディ指揮のフィラデルフィア管弦楽団との共演によって行った。カイルベルト指揮バイエルン放送交響楽団との共演による最晩年のライブ録音も、近年になって復刻された。

作曲家としては7曲の交響曲、3曲のピアノ協奏曲、多数の室内楽曲などを残している。

文献[編集]

  • Dictionnaire des interprètes Alain Pâris - Robert Laffont 1989

= 脚注[編集]

[ヘルプ]
[ヘルプ]
  1. ^ a b LP「ラヴェル ピアノ曲全集Ⅰ」(ロベール・カザドシュおよびギャビー・カザドシュ、1984年、CBS/SONY)ライナーノーツ(小石忠男)

関連サイト =[編集]