コチャニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コチャニ
Кочани
コチャニ
コチャニ
コチャニの市章
市章
位置
コチャニの位置の位置図
コチャニの位置
座標 : 北緯41度55分00秒 東経22度25分05秒 / 北緯41.91667度 東経22.41806度 / 41.91667; 22.41806
行政
マケドニア共和国の旗 マケドニア
 市 コチャニ
地理
面積  
  市域 375.44 km2
  市街地 18.6 km2
標高 375 m
人口
人口 (2002年現在)
  市域 38 092人
  市街地 28,330人
その他
等時帯 中央ヨーロッパ時間 (UTC+1)
夏時間 中央ヨーロッパ夏時間 (UTC+2)
郵便番号
公式ウェブサイト : http://www.kocani.gov.mk

コチャニマケドニア語:Кочани / Kočani、発音:[ˈkɔtʃani] Mk-Kochani.ogg 音声[ヘルプ/ファイル])は、マケドニア共和国東部の町、およびそれを中心とした基礎自治体であり、首都のスコピエから120キロメートルにある。市街地人口は2万8千人程度であり、自治体全域での人口は3万8千人程度ある。

地理と人口[編集]

町はコチャニ川に沿って、コチャニ渓谷の北側に沿って広がっており、川はここで山の傾斜から離れ、渓谷の中を流れるようになる。町の北側はオソゴヴォ山Osogovo、標高2252メートル)であり、8キロメートル南のプラチュコヴィツァ山Plačkovica)まで渓谷は続いている。町は標高350メートルから450メートル程度である。

コチャニの市街地の面積は18.6平方キロメートルであり、人口は2万8千人を超え、マケドニア共和国東部では3番目の人口規模である。人口の推移は以下の通り:

  • 1948年 - 6,657人
  • 1994年 - 26,364人
  • 2002年 - 28,330人

人口構成[編集]

民族別[編集]

コチャニの住宅地

宗教別[編集]

気候[編集]

気候は温暖、大陸性であり、ブレガニツァ川Bregalnica)に沿って地中海性気候の影響が及んでいる。年間平均気温は摂氏12.9度、年間降水量は538ミリメートルである。

歴史[編集]

コチャニが初めて記された文献は1337年のものであり、ヨヴァン・オリヴェル公Despot Jovan Oliver)がこの地を聖ドミトリイ教会に寄贈したことが記されている。

考古学的な発見により、この地には古代ローマ時代や中世東ローマ時代にも人が居住していたことが確認されている。15世紀初頭にはこの町はオスマン帝国の支配下となった。トルコ人の旅行家エヴリヤ・チェレビは1662年にこの地を訪れ、町には600世帯が居住し、1つのモスク、1つのメスジド(小規模なイスラム礼拝堂)、1つの旅館、15の店があったと記している。18世紀から19世紀初頭にかけて、町は急速に発展した。1878年には450世帯から500世帯ほどであった人口はその後急速に拡大した。町には塔の姿をした2つの貴族屋敷が残されており、16世紀から17世紀ごろのものと考えられている。

みどころ[編集]

郊外には古代から中世にかけての多くの遺産が残されている。その一つに古代遺跡ドルノ・グラディシュテDolno Gradishte)がある。

近くのモロドヴィス村(Мородвис)とパンテレイ村(Пантелей)には古代の修道院が残されている。

特徴[編集]

正教会の聖ゲオルギ聖堂

今日のコチャニは計画的に設計された現代的な町であり、通りは整備され、現代的な建物や集合住宅、ショッピングセンターがあり、新興工業地帯を有する。郊外の住宅は主に町から東に向かって広がり、オリザリ村(Оризари)のすぐそばまで拡大している。

友好都市[編集]

コチャニは以下の町と友好都市提携を結んでいる。

脚注[編集]

外部リンク[編集]