ゲヴゲリヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲヴゲリヤ
マケドニア共和国の旗
Гевгелија/Gevgelija
Gevgelija čaršija.jpg
ゲヴゲリヤ市街
Flag of Gevgelija Municipality.svg Coat of arms of Gevgelija Municipality.svg
位置
マケドニア共和国におけるゲヴゲリヤの位置の位置図
マケドニア共和国におけるゲヴゲリヤの位置
座標 : 北緯41度8分21秒 東経22度30分9秒 / 北緯41.13917度 東経22.50250度 / 41.13917; 22.50250
行政
マケドニア共和国の旗 マケドニア
 地方 南東部地方
 基礎自治体 ゲヴゲリヤ基礎自治体
ゲヴゲリヤ
市長 Ivan Frangov
地理
面積  
  域 483 km2
標高 60 m
人口
人口 (2002年現在)
  域 22,988人
  市街地 15,685人
その他
等時帯 CET (UTC+1)
夏時間 CEST (UTC+2)
市外局番 (+389) 034
ナンバープレート GE
公式ウェブサイト : gevgelija.gov.mk

ゲヴゲリヤ (マケドニア語: Гевгелија/Gevgelija)はマケドニア共和国南東部の都市でヴァルダル川河畔に位置し、ギリシャと国境を接っする。ギリシャ側の町はエヴゾニE75号線によって北方向へはスコピエベオグラード兄弟愛と統一道路)に、南方向はテッサロニキに達する。ゲヴゲリヤはゲヴゲリヤ基礎自治体の中心地である。

統計[編集]

ゲヴゲリヤの人口は基礎自治体全体で22,298人、町自体の人口は15,685人で住民のほとんどをマケドニア人が占める。[1]

人口 %
合計 15,685 100
マケドニア人 15,060 96.22
その他 625 3.98

地理[編集]

マケドニア側のパスポートのスタンプ

ゲヴゲリヤはコズフ山とパヤク山の間に位置し、テッサロニキからは70km、スコピエからは165km離れた場所に位置しマケドニア、ギリシャ両国の鉄道の境界駅がある。しかし、ギリシャの経済危機により国際列車の運行は2011年以来休止されている。[2]ゲヴゲリヤはマケドニア共和国の南部に位置し、暖かい地中海性気候で条件が良いことからイチジクやレモン、ブドウなどの果物や野菜の栽培が行われている。シルク産業も増加して来ており、マケドニア国内では取引において欠かせない存在になっている。農業分野に並んで軽工業もゲヴゲリヤの経済を構成している。観光業では近隣の村のスパが成長している。最近ではゲヴゲリヤや周辺部では多くのカジノの建設が行われ、「マケドニアのラスベガス」と呼ばれることもある。

歴史[編集]

町としての開発は19世紀中頃に始まり、1874年にはテッサロニキとスコピエを結ぶ鉄道が開通している。1860年から1912年にかけては経済的な開発が進められた。[3]

友好都市[編集]

脚注[編集]