キャメル (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャメル
基本情報
出身地 イギリスロンドン
ジャンル プログレッシブ・ロック
シンフォニック・ロック
カンタベリー・ロック
スペース・ロック
活動期間 1971–1984, 1991–現在
レーベル MCA, ヤーヌス, デッカ, デラム, アリスタ, キャメル・プロダクションズ, ガマ
メンバー
アンドリュー・ラティマー
コリン・バス
トン・シャーペンジール
デニス・クレメント
旧メンバー
ダグ・ファーガソン
ピーター・バーデンス
アンディ・ウォード
リチャード・シンクレア
メル・コリンズ
ヤン・シェルハース
キット・ワトキンス
デイヴ・スチュワート
ガイ・レブランク
トム・ブリスリン

キャメル (Camel) は、1973年にデビューしたイギリスプログレッシブ・ロック・バンド。数あるプログレ・バンドの中でも、叙情派のサウンドで知られる[1]

詳細[編集]

1969年、イングランドサリー州 ギルフォードで、アンドリュー・ラティマー(ギター)、ダグ・ファーガソン(ベース)、アンディ・ウォード(ドラム)のメンバーで「ブリュー(Brew)」という、ブルースを基調としたローカルバンドを結成。

1971年、シンガー・ソングライターのPhillip Goodhand-Taitのオーディションを受け、「I Think I'll Write a Song」というアルバムにバックバンドとして参加。同年、すでに「ゼム(Them)」や、ソロ活動などでキャリアを重ね知名度もあったピーター・バーデンスは、バンドでのアメリカ進出を考えており、メンバー募集の広告を「Melody Maker誌」に出したところ、アンディ・ウォードからのコンタクトがあり、ブリューのメンバーとセッションを行い意気投合。

1972年春、契約が残っていたバーデンスのベルファストでのコンサートを、新たなバンド名「キャメル」として行う。コンサートは成功し、以後4人はキャメルとして活動する事に成る[2]

バンド初期は、アンドリュー・ラティマーの哀愁漂うエモーショナルなギター(主にギブソン・レスポールを使用)とピーター・バーデンスの軽快なキーボード、アンディ・ウォードの多彩なドラムを軸に、美しいメロディをテクニカルな緊張感のある演奏で聴かせていた。

アルバム発表以前にもイギリス国内での演奏活動を行う。(アルバム発表後は、イギリス国内や、ヨーロッパ各国などで、ライブハウス(スペース)系の会場や、コンサートホール系の会場などでの(開催規模は様々)演奏活動を行なっている。後には、「ワールド・ツアー」などの演奏活動を行なっている。)


1973年、『キャメル(Camel)』で、デビューアルバムをリリース。

1974年、アルバム『蜃気楼(Mirage)』を発表。

1975年、アメリカの作家ポール・ギャリコの短編小説「スノーグース」を基にしたコンセプト・アルバム『白雁(スノーグース)(Music Inspired by The Snow Goose)』を発表。リリース後、全曲を演奏する公演も開催。後に、ロイヤル・アルバート・ホールで、 ロンドン交響楽団と共演し全曲を演奏。以後の公演でも「スノーグース」からの曲をセレクションして演奏しており、キャメルの代表作の一つである。

1976年、アルバム『月夜のファンタジア(MOONMADNESS)』発表。後に、まとめ役的存在であった[要出典]ダグ・ファーガソンを演奏能力の問題から解雇、元キャラヴァン(CARAVAN)のリチャード・シンクレア(ベース)を後任に据え、ゲストメンバーとしてメル・コリンズ(サックス)等を迎えて活動。

1977年、アルバム『雨のシルエット(Rain Dances)』を発表。

1978年、アルバム『ブレスレス~百億の夜と千億の夢(BREATHLESS)』を発表。

アルバム収録後、ピーター・バーデンスがラティマーとの軋轢から脱退し、キャメルに入る以前にも活動していたヴァン・モリソンのバンドに加わる。後任に元キャラヴァンのヤン・シェルハース(キーボード)、さらにツアーメンバーとしてやはり元キャラヴァンのデイブ・シンクレア(キーボード)が参加。オリジナルCAMELより元CARAVANメンバーの方が多くなり、『CARAMEL(キャラメル)』と渾名(あだな)される。

1978年、2枚組アルバム『ライブ・ファンタジア(A LIVE RECORD)』を発表。初のライブアルバム。1977年発売の『雨のシルエット(Rain Dances)』迄の、初期からのライブ録音から選んだ楽曲と、ロンドン交響楽団と共演し「スノーグース」全曲を演奏したライブ録音を収録。

1979年1月に初来日(ブレスレス・ツアー(Japan Tour '79))。東京、大阪、名古屋にて、5公演を開催。招聘元はウドー音楽事務所

1979年のワールドツアー後、CARAVAN再結成のためデイブ・シンクレア、リチャード・シンクレアが脱退、さらにメル・コリンズも脱退。コリン・バスキット・ワトキンスが加入。

1979年、アルバム『リモート・ロマンス(I Can See Your House From Here)』を発表。

1980年1月に来日公演(リモート・ロマンス・ツアー(Japan Tour '80))。東京、大阪、名古屋にて、5公演を開催。招聘元はウドー音楽事務所。

ピーター・バーデンスの不在のせいか時代の流れか[要出典]キーボードがややバッキングにシフト[要出典]。アルバム一枚でキット・ワトキンスは脱退、代わりにダンカン・マッケイが加入。

1981年、アルバム『ヌードの物語 ~Mr.Oの帰還~(Nude)』を発表。(第二次世界大戦終戦後、フィリピンルバング島で29年間投降しなかった、日本兵の小野田寛郎氏の当時の生活の模様等を書いた本を、1979年の来日時、アンドリュー・ラティマーが日本のプローモーターより贈られ読み、インスパイアされ制作れたコンセプトアルバム。)

『ヌードの物語 ~Mr.Oの帰還~(Nude)』以降、女流詩人のスーザン・フーヴァー(詩人。(以前には、音楽関連のライターなどで活動)後には、ラティマーの妻。)が、コンセプト面で重要な役割を担うようになる。

1981年、アンディ・ウォードが脱退(アルコールおよび薬物を乱用し体調を悪くした為)。「キャメル」としてのオリジナルメンバーはアンドリュー・ラティマー1人となる。

1981年、アルバム『シングル・ファクター(The Single Factor)』を発表。(『キャメル』名義ではあるが、実質的には、ゲスト演奏者を集めて制作したアンドリュー・ラティマーのソロプロジェクト・アルバム。)

以後、『キャメル』そのものが、アンドリュー・ラティマーのソロプロジェクトの性質を持つようになる。

1984年、アルバム『スタショナリー・トラベラー(Stationary Traveller)』を発表。(ドイツの東西分裂(ベルリンの壁)をテーマとしたコンセプト・アルバム。)

1984年5月、キャメル結成20周年記念のライブを、イギリス・ロンドンのハマースミス・オデオン劇場で開催。元メンバーのピーター・バーデンスがゲストとして参加し数曲を共演。(後に、公演の模様から、『プレッシャー・ポインツ~キャメル・ライヴ~(Pressure Points)』として発売。(このライブの模様は、ビデオ化され市販(後に、DVD化)。)

82年から84年の間で契約を消化し、活動休止。(活動休止時期には、契約していたレコード会社等との間での「契約問題(印税なども含む)」関連の裁判があり、キャメル側(アンドリュー・ラティマー側)の多くの主張が認められた。)

活動休止時期に、アンドリュー・ラティマーは自宅を売却し、活動の拠点をイギリスからアメリカに移し、1年間の休暇を過ごした。アンドリュー・ラティマー自身が『キャメル・プロダクション』を設立。(『キャメル・プロダクション』設立以後から、ライヴ・アーカイヴ(オフィシャルでの「ブートレグ・シリーズ」)や、新作アルバムのリリースを続けている。)

1991年、復活アルバム、ジョン・スタインベックの小説「怒りの葡萄」を基にしたコンセプト・アルバム『DUST AND DREAMS』発表。

1992年 Dust And Dreams Tour(ダスト・アンド・ドリームス・ツアー)を、東京、大阪、名古屋でのライブハウス(スペース)系の会場で公演。

1996年、アルバム『ハーバー・オブ・ティアーズ 港町コーヴの物語(Harbour Of Tears)』を発表。

1997年 Harbour Of Tears Tour(ハーバー・オブ・ティアーズ・ツアー)を、東京、大阪、名古屋でのライブハウス(スペース)系の会場で公演。

1999年、アルバム『ラージャーズ 別れの詩(Rajaz)』を発表。

2000年 Rajaz Tour(ラージャーズ・ツアー)を、東京、大阪、のライブハウス(スペース)系の会場で公演。

2002年、元メンバーのピーター・バーデンスが死去。またコリン・バスはインドネシアに渡り、「サバ・ハバス・ムスタファ(SABAH HABAS MUSTAPHA)」の名を用い同国音楽シーンで成功を収めている。

2002年、アルバム『ノッド・アンド・ウィンク(A Nod And A Wink)』を発表。(過去のライブ音源より)

2006年、アンドリュー・ラティマーの『キャメル・プロダクション』が、活動拠点をアメリカからイギリスに移す。

2007年5月、アンドリュー・ラティマーが1992年以来骨髄線維症になっていた事を、妻のスーザン・フーヴァーが「キャメル・プロダクション」のウェブサイトで公表し、病気の進行状況の悪化により予定していたツアーを中止した。

2007年後半に、アンドリュー・ラティマーは骨髄移植を受けた。

2008年9月、「彼は徐々に回復しており、音楽活動を再開する意欲を示した。」との内容の文章を妻のスーザン・フーバーが、「キャメル・プロダクション」のオフィシャルニュースレターに書いた。

2010年には、音楽活動も徐々にではあるが再開した。

2013年10月、ロンドンにて「The Snow Goose」を完全再現するライブを行う事が発表される。(10月28日 ロンドン・バービカン・センター)

メンバー[編集]

オリジナルメンバー[編集]

過去メンバー[編集]

ディスコグラフィ[編集]

発表年 邦題 原題 備考
1973年 キャメル・ファースト・アルバム Camel ファースト・アルバム。
1974年 蜃気楼 Mirage
1975年 白雁 Music Inspired by The Snow Goose ポール・ギャリコの同名の短編小説「スノーグース」を基にしたコンセプト・アルバム。全英10位のヒットを記録。
1976年 月夜のファンタジア Moonmadness
1977年 雨のシルエット Rain Dances
1978年 ブレスレス~百億の夜と千億の夢~ Breathless
1978年 ライブ・ファンタジア A LIVE RECORD キャメル初のライブアルバム、2枚組。LPのC面とD面には、「スノーグース」を、ロイヤル・アルバート・ホールで、ロンドン交響楽団と共演したライブ演奏を収録している。
1979年 リモート・ロマンス I Can See Your House From Here
1981年 ヌードの物語 ~Mr.Oの帰還~ Nude 終戦後、フィリピンで29年間も戦闘を続けていた小野田寛郎を基にした、2枚目のコンセプト・アルバム。
1982年 シングル・ファクター The Single Factor 「キャメル」名義であるが、実質的には、ラティマーが豪華ゲストを集めて制作したソロ・プロジェクト・アルバム。アンソニー・フィリップス(元ジェネシス)、フランシス・モンクマン(元カーヴド・エア)、サイモン・フィリップス等が参加。
1984年 スタショナリー・トラベラー Stationary Traveller ベルリンの壁をテーマにしたコンセプト・アルバム。本作に伴うツアー終了後、キャメルは一旦活動を休止。
1984年 プレッシャー・ポインツ~キャメル・ライヴ~ Pressure Points 1984年5月11日 ハマースミス・オデオンでの「キャメル」結成20周年記念のライブを収録。ゲストでピーター・バーデンスが参加し数曲演奏。(他にも、メル・コリンズも参加)
1992年 ダスト・アンド・ドリームス 怒りの葡萄 Dust And Dreams 復活作。ジョン・スタインベックの小説「怒りの葡萄」を基にしたコンセプト・アルバム。当時のライヴで完全再現された。
1996年 ハーバー・オブ・ティアーズ 港町コーヴの物語 Harbour Of Tears ラティマーの祖母が体験した一家離散の悲劇を基にしたコンセプト・アルバム。アイルランドの伝統音楽の影響を受けた、美しいメロディが特徴的。
1999年 ラージャーズ 別れの詩 Rajaz
2002年 ノッド・アンド・ウィンク A Nod And A Wink

日本公演[編集]

1979年 Breathless Tour(ブレスレス・ツアー)(Japan Tour '79)

  • 1月16日 東京・渋谷公会堂 (主催:文化放送、ウドー音楽事務所)
  • 1月17日 大阪・厚生年金会館大ホール (主催:FM大阪)
  • 1月19日 名古屋・名古屋市公会堂 (主催:中部日本放送)
  • 1月22日 東京・新宿厚生年金会館大ホール (主催:文化放送、ウドー音楽事務所)
  • 1月23日 東京・新宿厚生年金会館大ホール (主催:文化放送、ウドー音楽事務所)
    • 招聘元:ウドー音楽事務所 協力:キング・レコード 協賛:マックスウェル・ブレンディ
      • 来日メンバー
        • アンドリュー・ラティマー - Guitar, Vocal
        • アンディ・ウォード - Drums
        • リチャード・シンクレア - Bass, Vocal
        • メル・コリンズ - Sax, flute
        • デイブ・シンクレア - Keyboards
        • ヤン・シェルハース - Keyboards

演奏曲目


1980年  I Can See Your House from Here Tour(リモート・ロマンス・ツアー)(Japan Tour '80)

  • 1月24日 名古屋・愛知勤労会館 (主催:中部日本放送)
  • 1月25日 大阪・大阪フェスティバルホール (主催:FM大阪)
  • 1月26日 東京・渋谷公会堂 (主催:文化放送、ウドー音楽事務所)
  • 1月27日 東京・新宿厚生年金会館大ホール (主催:文化放送、ウドー音楽事務所)
  • 1月28日 東京・中野サンプラザホール (主催:文化放送、ウドー音楽事務所)
    • 招聘元:ウドー音楽事務所 協力:キング・レコード 協賛:マックスウェル・ブレンディ
      • 来日メンバー
        • アンドリュー・ラティマー - Guitar, Vocal
        • アンディ・ウォード - Drums
        • コリン・バス - Bass, Vocal
        • ヤン・シェルハース - Keyboards
        • キット・ワトキンス - Keyboards, flute

演奏曲目(1980年1月28日(月) 東京・中野サンプラザホール)(1980年1月の来日公演最終日)

  • Intro
  • Echoes
  • Unevensong
  • Song Within a Song
  • Hymn to Her
  • Neon Magic
  • Rhayader
  • Rhayder Goes to Town
  • Migration
  • Preparation
  • Dunkirk
  • Rainbow's End
  • Ice
  • Who We Are
  • Your Love is Stranger Than Mine
  • Never Let Go
  • ----- アンコール -----
  • Wait
  • Nobody Knows(Jungle Fever)(演奏最初の途中、ベースアンプのトラブルで演奏中断。ベースアンプの復旧後、再度、演奏曲最初から演奏)
  • Luna Sea(この曲は、1980年来日時の最終公演日のみ演奏された。)


1992年 Dust And Dreams Tour(ダスト・アンド・ドリームス・ツアー) *東京、大阪、名古屋でのライブハウス(スペース)系の会場での開催。

  • 8月21日 東京・CLUB QUATTRO
  • 8月23日 大阪・CLUB QUATTRO
  • 8月26日 東京・CLUB QUATTRO
    • 招聘元:
      • 来日メンバー
        • アンドリュー・ラティマー - Guitar, Vocal
        • (他のメンバーの資料なし)

演奏曲目


1997年 Harbour Of Tears Tour(ハーバー・オブ・ティアーズ・ツアー) *東京、大阪、名古屋、川崎でのライブハウス(スペース)系の会場での開催。

  • 3月21日 東京・WEST EAST 
  • 3月22日 神奈川・CLUB CHITTA'
    • 招聘元:
      • 来日メンバー
        • アンドリュー・ラティマー - Guitar, Vocal
        • コリン・バス - Bass, Vocal
        • (他のメンバーの資料なし)

演奏曲目


2000年 Rajaz Tour(ラージャーズ・ツアー) *東京、大阪でのライブハウス(スペース)系の会場での開催。

  • 9月4日 大阪・梅田ヒートビート
  • 9月6日 東京・赤坂BLITZ 
  • 9月7日 東京・赤坂BLITZ
  • 9月8日 東京・渋谷Deseo
    • 招聘元:
      • 来日メンバー
        • アンドリュー・ラティマー - Guitar, Vocal
        • コリン・バス - Bass,Vocal
        • ガイ・レブランク - Key
        • デニス・クレメント - Ds

演奏曲目

日本に於けるライブ録音放送[編集]

  • 1979年(昭和54年)**月**日(*)  **:** - **:** NHK-FM「***********」 番組進行:渋谷陽一 ゲスト:**** (放送日時 番組名などの詳細は不明だが、一説によると、1979年夏頃に、同時期に来日した、ストラングラーズとキャメルの来日時のライブの模様を、渋谷陽一とゲストの****で、2週に別けて(又は、2時間番組として(途中、ニュース等が挟まれ)それぞれ1時間番組として放送した可能性があると思われるが定かではない。 (キャメルの来日公演の放送での解説中には、ストラングラーズとキャメルを比較した番組進行役やゲストの発言があるので。))
    • 1979年1月23日(火) 東京・新宿厚生年金会館大ホール 収録 (放送での、ライブ演奏楽曲の放送順は、実際の来日公演の演奏順ではない。ライブ録音放送中の「Tell Me」〜「The Snow Goose From "La Princesse Perdue"」では、『番組での「おせっかい」』(番組の解説中に、渋谷氏が紹介)として、演奏曲中に女性ナレーターによる「スノー・グース」の物語りのナレーションがされている。)
      • 放送曲目(解説など)
        • 解説:渋谷陽一 他
        • Echoes
        • 解説:渋谷陽一 他
        • Tell Me *放送される曲中にナレーションあり
        • The Snow Goos From Medley *放送される曲中にナレーションあり
        • Great Marsh *放送される曲中にナレーションあり
        • Rhayader *放送される曲中にナレーションあり
        • Rhayader Goes to Town *放送される曲中にナレーションあり
        • Song Within a Song *放送される曲中にナレーションあり
        • Medley:Sleeper〜Supertwister〜White Rider *放送される曲中にナレーションあり
        • The Snow Goose From "La Princesse Perdue" *放送される曲中にナレーションあり
        • 解説:渋谷陽一 他
        • Never Let Go
        • 解説:渋谷陽一 他
  • 1980年(昭和55年)4月20日(日) 21:00 - 21:55 FM東京「ゴールデン・ライブ・ステージ」 番組進行:青木誠
    • 1980年(昭和55年)1月27日(日) 東京・新宿厚生年金会館大ホール 収録
    • 番組冒頭、会場で流されたオープニング音楽をバックに、番組パーソナリティの青木誠による収録日、収録場所や、来日メンバー紹介と、合わせてステージ上での楽器の配置位置の紹介、番組前半に放送する曲目名紹介。(「Neon Magic」の後、CMが入る。)CM後、BGMで「Uneven Song」(同日に収録のライブ録音よりと思われる、曲の中盤部分から)を流しながら、バンドの略歴、リリースしたレコードタイトルの紹介、番組後半に放送する曲目名紹介。
      • 放送曲目
        • Echoes
        • Hymn To Her
        • Neon Magic
        • (CM)
        • Selection From "THE SNOW GOOSE"
        • Wait
        • Nobady Knows(Jungle Fever)


脚注[編集]

  1. ^ 松本昌幸 「キャメル・オン・ザ・ロード1972」(キャニオン PCCY-00444) ライナーノーツ
  2. ^ 赤岩和美 監修 『ブリティッシュ・ロック大名鑑』 ブロンズ社、1978年

関連項目[編集]

  • プロレスラーの前田日明は、試合の入場テーマ曲に『NUDE』収録の『Captured(キャプチュード)』を使用。オリジナルのプロレス技のスープレックスにも「キャプチュード」の名を用いた。

外部リンク[編集]