カーメン・マクレエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カーメン・マクレエ
基本情報
出生名 Carmen Mercedes McRae
出生 1920年4月8日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク ハーレム
死没 1994年11月10日 (74歳没)
ジャンル ジャズ
職業 歌手
担当楽器 ボーカル、ピアノ
活動期間 1940年代 - 1991年
レーベル ベツレヘム、デッカコロムビアアトランティックコンコード、RCA Novus 等

ビリー・ホリデイ

カーメン・マクレエ[1]Carmen McRae1920年4月8日 - 1994年11月10日)は、アメリカ合衆国の女性ジャズ歌手ピアニスト20世紀において最も影響力の大きなジャズボーカリストの1人とされている。

1950年代から1980年代にかけてエラ・フィッツジェラルドサラ・ヴォーンと並ぶ大御所ジャズ歌手の1人として長く活躍し、日本ではこの2人と共に「ジャズボーカルの御三家」と呼ばれることがある。ただしエラ、サラやビリー・ホリデイの偉大な功績と比較すれば地味な存在とみなされることが多い。

人物[編集]

ニューヨークハーレムにてジャマイカ移民の両親の間に生まれる。10代から20代にかけて主にピアニストとして活動し、最も影響を受けたビリー・ホリデイら著名なジャズミュージシャンとの知遇を得る。

1950年代半ばに歌手デビューし、サミー・デイヴィスJr.とのデュエットを含む録音をデッカ・レコードから発表。それ以来様々なレコードレーベルから多数のアルバムを発表した。

カーメンはポップスに接近したサラ・ヴォーンらとは対照的にジャズの枠を大きく飛び出すことはなく、ピアノトリオなどの簡素な伴奏を得意とした。数少ない例外の一つに1976年ブルーノート・レコードから発表したアルバム"Can't Hide Love"があり、ラリー・カールトンジョー・サンプルデイヴ・グルーシンハーヴィー・メイソンフュージョン界のスターを従え、ジャズに加えてR&Bファンク・ポップの楽曲を歌いこなしている。

先輩や同世代のミュージシャンに対する敬愛の念を表し続けたのも特徴で、ビリー・ホリデイ、デイヴ・ブルーベックナット・キング・コールセロニアス・モンクらに捧げたトリビュートアルバムを発表した。1990年に死去したサラ・ヴォーンに捧げた"Sarah: Dedicated to You"を同年発表し、それが最後のアルバムとなった。

長年にわたる喫煙の影響で晩年になるにつれて声域・声質は低く重く変化した。肺気腫のため1991年に引退を余儀なくされ、1994年に呼吸器疾患の合併症のため死去した。

主なディスコグラフィ[編集]

  • Carmen McRae (1954)
  • Easy to Love (1954)
  • Torchy (1955)
  • Blue Moon (1956)
  • After Glow (1957)
  • Boy Meets Girl: Sammy Davis Jr. & Carmen McRae (1958)
  • Book of Ballads (1960)
  • Take Five (1961)
  • Something Wonderful (1962)
  • Alive! (1965)
  • The Great American Songbook (1972)
  • Can't Hide Love (1976)
  • Two for the Road (with George Searing) (1980)
  • You're Lookin' at Me (A Collection of Nat King Cole Songs) (1983)
  • Carmen McRae-Betty Carter Duets (1987)
  • Carmen Sings Monk (1988)
  • Sarah: Dedicated to You (1990)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本では「マクレー」や「マクレイ」、また「カルメン」と表記されることもある。

外部リンク[編集]