カン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
贛語
赣语
話される国 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
地域 江西省中北部
湖南省東部
湖北省東南部
安徽省西南部
福建省西北部
話者数 2,000万
話者数の順位 45
言語系統
公的地位
公用語 -
統制機関 -
言語コード
ISO 639-1 zh
ISO 639-2 chi (B)
zho (T)
ISO 639-3 gan
Gan in PRC.png
テンプレートを表示
本来の表記は「贛語」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

贛語(かんご)は、シナ・チベット語族シナ語派言語の一つである。中国語方言区分の一つ。使用率は漢民族人口の2.4%で、七大方言では最も少ない。

その分布地域は江西省中部および北部、湖南省東南部、福建省西北部および安徽省湖北省の一部である。その代表として南昌語が挙げられる。

特徴[編集]

  • 清濁の対立 - 存在しない。ただし、北方語とは違い、古濁音有気音に変化している。例えば「大」や「道」は[tʰ]で発音される。
  • 歯擦音 - 歯茎音[s, ʦ, ʦʰ]のみが存在する。
  • 鼻韻母 - [n][ŋ]の区別があるが、[m]はなく[n]に合流している。
  • 入声韻 - 南昌では[-t][-k]のみだが、臨川では[-p]も見られる。
  • 声調 - 6つが一般的。
  • その他
    • 声母[l]はあるが、[n]は存在しない。例えば「南」は「藍」のように発音される。ただし、[i]の前では歯茎硬口蓋鼻音[ȵ]が現れる。

音韻[編集]

南昌語を代表とすると、贛語では、19の声母、65の韻母、7つの声調がある。

声調[編集]

声調は中古四声が陰陽に分かれた七声を有する。その中の二声は入声であり、トーンの違いとしては5つである。

  1. 陰平 (42)
  2. 陽平 (24)
  3. 上声 (213)
  4. 陰去 (55)
  5. 陽去 (21)
  6. 陰入 (5)
  7. 陽入 (21)
贛語の声調

文字[編集]

文字は漢字を使用する。

関連項目[編集]