膠遼官話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
膠遼官話
Mandarin in Chinese Mainland.png
薄緑色の地域が膠遼官話
各種表記
繁体字 膠遼官話
簡体字 胶辽官话
拼音 Jiāoliáo Guānghuà
発音: チアオリアオ コワンホワ
英文 Jiaoliao Mandarin
テンプレートを表示

膠遼官話(こうりょうかんわ)は、中国語官話方言(北方方言)の一種で、山東省煙台から青島、さらに北の遼寧省南部の大連丹東吉林省鴨緑江黒竜江省ウスリー川流域における地方方言を含む。これは19世紀後半以降、「闖関東」と呼ばれる人口移動の過程で、多くの山東省人が遼寧省を含む満洲へ移住したために、この一帯で話されるようになったといわれている。

中国東北地区では、遼寧省瀋陽を中心に話されている東北官話とは一線を画す。「膠」は、青島市とその周辺の略称、または山東半島の別名「膠東半島」に由来する。

膠遼官話は「斉東野語」(夷人の言語)からであって、「莱語」も呼ばれる。煙台方言と大連方言と威海方言が膠遼官話の代表と見なされる。

参考項目[編集]