カイル・アボット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カイル・アボット
Kyle Abbott
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 マサチューセッツ州ニューバリーポート[1]
生年月日 1968年2月18日(46歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1989年 MLBドラフト1巡目
初出場 MLB / 1991年9月10日
NPB / 1994年
最終出場 MLB / 1996年8月24日
NPB / 1994年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

カイル・アボットLawrence Kyle Abbott, 1968年2月18日 - )は、メジャーリーグベースボールの左投左打の投手アメリカ合衆国マサチューセッツ州出身。

来歴・人物[編集]

カリフォルニア州立大学ロングビーチ校、カリフォルニア大学を経て、1989年にカリフォルニア・エンゼルス(現ロサンゼルス・エンゼルス)にドラフト1巡目(全米9番目)で入団[1]。エンゼルスは前年のジム・アボットから2年連続でアボット姓の左投手をドラフト1巡目で指名したことになる。特別目を見張る数字を残したわけではなかったがマイナーの出世街道をとんとん拍子で進み、プロ入り3年目の1991年9月10日テキサス・レンジャーズ戦で先発投手として登板し、メジャーデビューを果たした。

同年オフにボン・ヘイズとのトレードでルーベン・アマロ・ジュニアとともにフィラデルフィア・フィリーズへ移籍。迎えた1992年、アボットはフィリーズでも先発を務めていたが、5月18日の登板で敗戦投手になり、開幕から1勝も出来ずに7連敗となった。そこで一旦マイナーへと降格。マイナーでは5試合で35.0回を投げ、防御率1.54という好投を見せたため、6月21日の試合でメジャー復帰を果たした。しかし復帰後の4試合で4敗を喫し、遂に開幕11連敗。11連敗した時点での防御率も5.40と、決して誉められるものではなかった。その後は7月18日にようやくシーズン1勝目を手にしたが、8月序盤に2連敗を喫し、8月中旬からはリリーフを務めるようになった。しかしリリーフで登板した12試合でも防御率8.82、被打率.324と散々で、シーズンでは1勝14敗という数字に終わった。

前年の結果を受けて、1993年はマイナーから出直す年となった。この年は1年を通してマイナーでプレイし、12勝を記録するも、オフにはフィリーズを解雇され、翌1994年は日本の近鉄バファローズでプレイすることになった。だがバファローズでは脚の故障もあって4試合の出場にとどまり、シーズンオフには再びフィリーズに入団した[1]

出戻りの年となった1995年はリリーフばかりで18試合に登板。シーズン最初の登板で白星を手にするなど、14試合に登板した時点では防御率2.84となかなかの投球を見せていたが、その後4試合で防御率12.00と打ち込まれ、終わってみれば特別目立った数字を残すことは出来なかった。

シーズン終了後にフリーエージェントとなり、1996年5月29日にようやく古巣のエンゼルスと契約。しかし8月の3試合に登板して9失点しただけというシーズンに終わってしまった。この年限りで現役を引退。ドラフト1巡目選手ではあったが、第二のジム・アボットとはいかず、目立った実績を残せないままの引退となった。

ちなみに、1996年にアボットが付けていた背番号は、後に松井秀喜が背負うことになる55番だった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1991 CAL 5 3 0 0 0 1 2 0 - .333 90 19.2 22 2 13 0 1 12 1 1 11 10 4.58 1.78
1992 PHI 31 19 0 0 0 1 14 0 - .067 577 133.1 147 20 45 0 1 88 9 1 80 76 5.13 1.44
1994 近鉄 4 4 0 0 0 0 0 0 -- ---- 65 11.2 25 0 9 0 0 8 0 0 11 10 7.71 2.91
1995 PHI 18 0 0 0 0 2 0 0 - 1.000 122 28.1 28 3 16 0 0 21 2 1 12 12 3.81 1.55
1996 CAL 3 0 0 0 0 0 1 0 - .000 26 4.0 10 1 5 0 0 3 1 0 9 9 20.25 3.75
MLB:4年 57 22 0 0 0 4 17 0 0 .190 815 185.1 207 26 79 0 2 124 13 3 112 107 5.20 1.54
NPB:1年 4 4 0 0 0 0 0 0 -- ---- 65 11.2 25 0 9 0 0 8 0 0 11 10 7.71 2.91

背番号[編集]

  • 44 (1991年)
  • 59 (1991年)
  • 47 (1992年)
  • 30 (1994年)
  • 39 (1995年)
  • 55 (1996年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、17ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]