オルガニア人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オルガニア人(Organian)はアメリカのSFテレビドラマ『スタートレック』シリーズに登場する異星人。

解説[編集]

宇宙大作戦』の第1シーズン第26話"Errand of Mercy"(日本では第29話『クリンゴン帝国の侵略』)および『エンタープライズ』の第4シーズン第11話(シリーズ第87話)"Observer Effect"(邦題:『死の観察者』)に現れる異星人で、物理的な肉体を持たない生命体。 母星はオルガニア星。極めて平和的、良心的な種族。しかし、その一方で、他の種族にウイルスを感染させ一切助けずに反応を観察(実験動物扱いする)するという非情な面をもっていた。彼らが観察する中で死者が発生し、宇宙船の乗員がウイルスにより全滅するような例もあった。

エピソード[編集]

クリンゴン帝国との和平交渉が決裂。中立地帯に位置するオルガニア星を惑星連邦に加盟させて保護するためにカークスポックがオルガニアを訪れた。しかし、その星には中世の牧歌的な村があるだけだった。しかも長い間進歩の跡がなかった。

支配者がいると思われる石造りの城を訪れると、5人の長老がいた。クリンゴンに星を略奪されてしまうので、我々の仲間に入るようにと説得するが、そこの長老たちは何やら話し合った挙げ句、丁重に助けは要らないと断わってきた。何故わからないのかと当惑するカークたち。

結局コール率いるクリンゴン軍がオルガニアを占領してしまった。やがてカークたちはクリンゴンとゲリラ戦に突入、ついにカークとコールは直接対峙する(彼らの母船同士も戦闘状態)が、そこにオルガニアの長老2人が現れた。彼らは全ての武器を(両軍の全艦の武器を全て!)一瞬で加熱して使えなくしてしまう。

カークは長老に自分達の正義を訴える。しかし、「だから、殺し合うのか?」と諭されて何も言えなくなってしまう。彼らは何億年もかけて進化し、ついに肉体を必要としないレベルにまで到達したという。そして野蛮な生命は嫌いだから出ていけと言い残し、まぶしい光と化して消えてしまった。彼らのすべての家や施設、そして肉体も、肉体を持つ「お客」のための便宜上の作り物にすぎなかったのだ。

この事件の後、『オルガニア平和条約』が締結され、連邦とクリンゴンの全面戦争は行われなくなった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]