オラウス・ルドベック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オラウス・ルドベック

オラウス・ルドベック(Olaus Rudbeck または息子と区別するために Olof Rudbeck the Elder、ラテン語名: Olaus Rudbeckius、1630年9月13日1702年12月12日)は、スウェーデン科学者作家である。ウプサラ大学医学教授を務め、何度か学長を務めた。リンパ系の発見者の1人として知られ、ウプサラ大学にスウェーデン初の植物園をつくった。植物園はルドベック植物園と呼ばれたが、現在はリンネ植物園と改名されている。息子のオルフ・ルドベックは有名な植物学者になった。またアトランティスはスウェーデンであったという説を論じた。

生涯[編集]

ヴェステロースの司教の息子に生まれた。父親の設立した高校を出た後、ウプサラ大学で解剖学を学び、血液循環説を唱えたウイリアム・ハーベーの著書を学んだ。1652年にリンパ系を発見したとされるが、この発見の先取権については、デンマーク人のトーマス・バートリンとの間で議論が生じている[1]。スウェーデン女王クリスティーナ宰相アクセル・オクセンシェルナの資金で1653年にオランダに派遣されてライデン大学で、医学、音楽、機械工学絵画古典を学んだ。スウェーデンに戻ると、ウプサラ大学の医学の講師に任じられた。植物学も教え、大学に植物園を作った。1660年に自然史の教授となり、1661年から1670年の間、ウプサラ大学の学長に任じられた。解剖学の教授、大学の学芸員も務めた。

ウプサラ大学の教育を革新し、一般市民が有料で参観できる近代的な解剖劇場をつくった他、風車や、はね橋も発明し、ウプサラとストックホルム間の郵便システムやウプサラの上水道の整備も行った。

Atlanticaの挿絵、太古の学者に囲まれるルドベック

アトランティス=スウェーデン説[編集]

1679年から1702年の間に古典語を研究し、遺跡の上の腐植土の厚さから年代を推定する方法などを用いて、スウェーデンが伝説アトランティス大陸であったと主張し、スウェーデン語アダムの話した言語の起源で、ラテン語やヘブライ語の元になったことを主張した4巻、3,000ページの著書、Atland eller Manheim を発表した。当時の学者たちからも批判、風刺の対象となり、ディドロの『百科全書』の「語源学」の項で、不適当な結合の例として示され、批判された[2]。学者たちの批判にもかかわらずルドベックの説はスウェーデンでは人気を保ち、息子のオルフ・ルドベックも比較言語学的な研究を行った。

脚注[編集]

  1. ^ ルドベックが発見を発表したのは1653年の秋であり、発表に関してはヴァルトリンに遅れた。
  2. ^ Bandle, Oskar et al. (2002). The Nordic Languages: An International Handbook of the History of the North Germanic Languages. Volume I. Walter de Gruyter, ISBN 3-11-014876-5, p. 109