オカメインコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オカメインコ
Nymphicus.hollandicus-01-Castolovice.jpg
  
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
: 鳥綱 Aves
: オウム目 Psittaciformes
: オウム科 Psittacidae
: オカメインコ属 Nymphicus
Wagler, 1832
: オカメインコ N. hollandicus
学名
Nymphicus hollandicus
Kerr, 1792
和名
阿亀鸚哥、片福面鸚哥
英名
Cockatiel
Bird range cockatiel.png
生息域

オカメインコNymphicus hollandicus)とは冠羽(かんう)[1]がある全長32cm~35cmほどのオウムである。

Nymphensittich Miggeli 1.JPG

解説[編集]

オカメインコは名前に「インコ」とあるがインコではなくオウム目オウム科に属するオウムの仲間である。和名「阿亀鸚哥・片福面鸚哥」は、顔の橙色の斑点をおかめの面になぞらえたものである。オーストラリアに広く分布し、群生する。

尻尾を含めればと同じ位の大きさであり、実際はヒヨドリと同じ大きさであるがオウムの仲間では最小。が全長の半分を占める。精神状態によって冠羽を立てたり寝かせたりする。驚きや緊張を感じた時や危険を察知した状態では立ち、リラックスした状態では寝ていることが多い。

飼い鳥として日本でもポピュラーな種である。セキセイインコジュウシマツなどおとなしい他の種とであれば一緒に平穏に飼育可能であり、人にも良く懐く。また容易に繁殖する。の判断は主に尻尾の模様の有無や顔の模様で、ルチノー種(黒色色素の欠乏したもの。足や嘴は肌色で、赤目となる)の場合は尾にある黄色の縞模様のみで判断する。パイド(純白の色抜けがあるもの)などでは外見上からは雌雄の識別は難しい。通常、少しかがんだ体勢で見上げるようなポーズ(抱卵の体勢に近いポーズ)から、勢いよく数歩前に歩き、鳴き真似もしくは鳥本来の独特の鳴き声をだす方がオスである。メスもオスと同じく鳴き真似をする個体はいるが、この独特のしぐさがないため、容易に判別が可能である。プロのペットショップによる判別方法も多くが個体の動きを観察する方法によっている。

この他の手法としては、羽毛や血液によるDNA性別鑑定を実施することで判定が可能。日本国内での費用は5000円から8000円程かかるが、海外に直接依頼する場合は3000円程度で可能である。他にも親鳥の品種と子供の品種から遺伝法則により雌雄が区別できることもある。オスは口笛のまねが得意である。

ペットショップにおける生体の販売価格は10000円から50000円程度だが、店によって著しい差がある。品種は14種に細分化され、それぞれに顔色が5種類となるが、鳥類も扱っていると言うようなペットショップでは2〜3種類程度しか取り扱っていない。日本国内でも比較的長く飼育され、簡単に巣引きできるため、中型インコとしては比較的安価ではある。

成長過程[編集]

産卵[編集]

に親鳥雌雄が共同して巣を作り、雌が巣に産卵する。通常1日置きに4個から7個のを産む。卵の大きさはウズラの卵より一回り小さい程度で白色。雌が夜、雄が昼に交代で抱卵し、日に数回餌を摂るために巣から離れる。抱卵の時期は粟玉などの栄養価の高いものは控える。栄養が豊富にあると発情し抱卵を止めてしまい、交尾が始まる可能性がある。

孵化[編集]

抱卵してから18日から21日程度で孵化する。孵化したばかりの雛はおおよそ4g。抱卵の状態にもよるが、毎日もしくは1日置きに孵化する。孵化は通常朝方。

生後3週間[編集]

雛は孵化当初は「チッチッチッチ」、生後10日程度になると「ジャー、ジャー」と鳴きながら餌をねだる。親鳥は餌を食べて巣箱に戻り雛に餌を戻して口移しで餌を与える。オカメインコを手乗りとして育てたい場合には、生後18日から21日頃に巣箱から取り出し、以降は人の手で挿し餌をすると良い。この期間であれば、まだ雛があまり人間を恐れておらず、また人間が比較的容易に育てられるくらいに成長しているからである。

生後数か月[編集]

親鳥が育てた場合、生後6週間前後に巣立ちをするが、生後2ヶ月くらいまでは親に餌をもらう。挿し餌で育てる場合もこれに合わせ、なるべく2か月から2か月半までに自ら餌を摂れるようにする。長く挿し餌を続けると素嚢の中にカビが生え病気になる可能性が高くなるからである。なお、オカメインコは一人餌への移行は難しい部類であるので、ペットショップから購入する場合やブリーダーに譲ってもらう場合は、なるべくなら自分で餌を食べられるようになった個体を選ぶべきである。

成鳥[編集]

生後半年も経てば雄の顔の羽の色はまばらに黄色になり、オス鳴きをはじめ雌雄の区別が容易になる(ただし種類によっては識別困難な事もある)。雌は尾の裏側に波状の模様がある。オカメインコの1歳は人間では18歳程度であり繁殖が可能となる。寿命は15年から25年程度で稀に30年を超える物もいる。

飼育[編集]

オカメインコは人に馴れ易い。そのため雛の状態で販売されている。孵化後2か月経つとほぼ親と同じぐらい大きくなる。人に馴れている個体の場合は雛から育てなくても手乗りになる事も可能である。

オカメパニック(Night Frights)[編集]

大人しく繊細な性格のオカメインコは、夜中に大きい物音がしたり地震が発生した時などケージの中で闇雲に飛び回る。このことを日本ではオカメパニック、英語ではNight Frights(夜の恐怖)と呼んでいる。朝起きて羽が下に落ちている、怪我をしているというようなことがあれば、夜の間にこの現象が起きた可能性が高い。対策としては常夜灯をつけておいて部屋を真っ暗にしないこと、飼い主が起きて優しく声をかけてやること等がある。日中においても外を飛ぶ野鳥の姿に驚いて怪我をすることもある。

鳴き声・声真似[編集]

  • オスは機嫌がいいと囀るが、時に非常にうるさいほど鳴き叫ぶことがある。
  • メスは普段おとなしい個体が多いが、飼い主の気を引くために大声を出す場合もある。
  • 手乗りの場合飼い主に要求したり、気を引くために鳴く個体が多い。
  • オスは短い単語を数語であれば覚えて喋る場合もあるが多くの場合飼い主以外には言葉としては聞こえない。口笛の方を得意としている。
  •  部屋に誰もいないとき飼い主を呼ぶため大声で鳴き叫ぶ場合がある。

行動[編集]

  • 綿棒や落ちた尾、粟穂などで遊ぶ。
  • 良く慣れた手乗り以外では、手を怖がる個体が多い。
  • 猫のように頭や首筋を掻いてもらうことを好み、人に慣れている場合は頭を下げて要求する。
  • オカメインコ同士でもお互いに掻き合う。
  • 床を歩くことが大好きで、出してやると、床を歩くことが多い
  • 覚えた歌をアレンジして歌うことがある。

[編集]

  • 、カナリーシードを主とし、ソバの実、オーツ麦を適度に配合する。
  • ヒマワリの種やの実など脂肪分が高いものを好むが繁殖期や冬季などに必要に応じて与える。
  • ペレットは総合栄養食として優れている。ただし、着色されたペレットを与えるとフンまで着色され、フンによる健康管理が困難になるので注意。また種子食のオカメインコをペレット食にさせるのは、一般に着色や風味付けが無いと困難である。
  • 種子を主食とする場合は、ビタミンカルシウムを多く含む小松菜などの青菜を毎日与える必要がある。
  • ボレー粉、カトルボーンイカの甲)はカルシウム摂取のために与えた方が良い。特に産卵期には必須。
  • 一般にオカメインコ用として発売されている餌の中には、オカメインコが好むよう、脂肪分が多いものを沢山入れているものもある。これにより肥満や不要な発情を招くことがあるので注意が必要である。

飼育に関しての注意[編集]

  • 脂粉
羽元から粉がたくさん出て空気中に散らばる。そのため喘息気管支系に問題がある人は、飼育に適さない。
根気良く教えれば芸を覚える個体もいるが、覚えない個体のほうが多い。
フンは、通常健康ならば深緑色か茶色に少し白色(クリーム色)が付いていた固体状である。ただし、着色されたペレットを与えている場合はフンも着色されることがある。緊張するとフンの量は増え、増えると水分の多いフンをする。形の崩れたものや色の異常なフンを発見した場合には病気の可能性があるため早期に病院に連れて行く必要がある。
野生では、アカシアの花や実(別名:ワトルシード)や樹皮イネ科の草、昆虫などをたべているが、人の飼育環境下では入手性や他の鳥類の飼育に準じて、穀物主体のシード食やペレット食を与えられている事が多い。こういった背景や飼い主の知識不足が原因で、飼育環境下のオカメインコは雑食化しているケースが多い。日本では鳥についての情報もまだまだ乏しいため、ウェブサイトや書籍でも与えて良い物と悪い物が混同されて記述されている場合がある。
加工食品類や炊いたご飯などは素嚢炎になる可能性があるため与えない方が良い。またホウレンソウにはシュウ酸が含まれておりカルシウムの吸収を妨害するといわれている。最近のホウレンソウにはシュウ酸やマグネシウム灰汁の成分)が少量しか含まれておらず問題ないという考えもあるが、わざわざ疑わしい野菜を与える必要はない。
鳥向けの半生化状態の加工食品の例として、ケイティ社製の鳥向け調理食商品などがあげられる。
次の鳥向け飼料に含まれる人の食べ物は飼育者の間でも利用例が多く、一般的な給餌としても成分上問題ないことが判っている。
オカメインコに限らず鳥、特に外来種はなどに比べると飼われている数が少なく、広く飼われるようになってからの歴史も浅く、他の鳥類の飼育法を準用したものもあるので、誤った情報やあやふやな経験談が多々ある。そのため、何か新しい餌や青菜などを与える際には、できるだけ多くのウェブサイトや書籍で確認したり、鳥についての知識がある獣医師に相談するなど、十分な調査が必要であろう。

品種[編集]

品種は主に体の羽色と模様、顔部分の色で区別される。現在確認されている種類は以下の14種。 ノーマル、ルチノー、シナモン、パール、パイド、ホワイトフェイス、パステルフェイス、SLYC(通称イエローフェース)、ドミナントイエローチーク(通称DYC)、エメラルド(またはオリーブ)、レセッシヴシルバー、ファロー、ドミナントシルバー、プラチナシルバー(オーストラリアのみに存在)。 ルチノーはメラニン色素(グレー)が欠けているため、顔や頬は黄色、体はクリーム色をしている。このルチノーとホワイトフェースの両方が表現された個体をアルビノと呼んでいるが正しくはホワイトフェイスルチノーである。本来のアルビノは突然変異により完全に色素を失った種類であるが、オカメインコでこの存在は正確には確認されておらず、ペットショップなどでは目の色で判別されるのが一般的である。 またパイドの別称をイザベラと呼び、一部地域ではパールと混同しているが、パイド(イザベラ)とパールはまったくの別種である。

ペットとしての歴史[編集]

  • オカメインコはオーストラリアの内陸部に群れをつくって生息しているが、イギリス人が本国に持ち帰りペットとして広まったのが200年ほど前である。
  • 学名の「Nymphcus hollandicus」はオーストラリアを初めて本格的に調査したオランダ人がオーストラリアを「ニュー・オランダ」と名付けたことから、「Psittacus novae-hollandiae(ニュー・オランダのオウム)」と呼んでいたものを1832年にドイツのヨハン・ワーグラーにより「ニュー・オランダの妖精」という意味で付けられた[3]
  • 英名の「Cockatiel」(コッカティル)は1845年にヨーロッパでペット目的の繁殖が行われた時に、ペット業者がポルトガル語の「Cacatilho」(小さなオウム)を元に名付けたとされる[3]
  • 品種改良は1950年ごろにパイドが報告されたのを始め、現在では組み合わせで何種類もある。
  • 日本には明治末期の1910年代に輸入され、ペットとしての歴史は意外と長いが原種の色合いが地味なことから同じオーストラリア産のセキセイインコなどと比べると全く普及せず、1960年代頃までセキセイインコの10倍以上の価格が付けられていた。しかし、ルチノーなどの品種が開発されると徐々に人気が上がり、現在ではペットショップで普通に見かけるほどになった。

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鳥類用語
  2. ^ アルファルファを乾燥させた後、粉砕したもの。
  3. ^ a b [1]