オウチュウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オウチュウ
Black Drongo (Dicrurus macrocercus) IMG 7702 (1)..JPG
オウチュウ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: オウチュウ科 Dicruridae
: Dicrurus
: オウチュウ
D. macrocercus
学名
Dicrurus macrocercus
Vieillot, 1817
和名
オウチュウ
英名
Black Drongo

オウチュウ(烏秋、学名Dicrurus macrocercus)は、スズメ目オウチュウ科に分類される鳥類の一種。

形態[編集]

全長約28cm。成鳥は全身が青みがかった黒色で、羽には光沢がある。尾は長く、先端が逆Y字に割れており、野外で本種を識別する際の特徴となっている。嘴と足も黒い。複数の亜種に分類される。

分布[編集]

中国東部から台湾東南アジアインドに分布する。中国に生息する個体は、冬期には南方へ渡る。

日本では数少ない旅鳥として、主に春に記録される。日本海の島部や南西諸島では比較的よく観察される。

生態[編集]

開けた森や田畑、市街地に生息する。浅く波を描くようにふわふわと飛びながら、昆虫類を捕食する。「ジーッ」、「ジェー」など、やや濁った声で鳴く。

関連項目[編集]