エンタープライズ (オービタ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エンタープライズ
OV-101
エンタープライズ (オービタ)
ヴァンデンバーグ空軍基地SLC-6でのエンタープライズ
型名 OV-101
アメリカ合衆国
契約 1972年7月26日
名の由来 NCC-1701
現況 退役してイントレピッド海上航空宇宙博物館に展示
初飛行 滑空試験
1977年2月15日
最終飛行 無動力飛行
1977年10月26日
宇宙飛行
総時間
宇宙飛行はしていない
エンタープライズ

エンタープライズ(Enterprise, NASA型名: OV-101)は、スペースシャトルオービタの1号機である。

1976年、アメリカ合衆国憲法発布200年を記念し、コンスティテューションと名付けられる予定だったが、『スタートレック』の宇宙船エンタープライズ号の名前をつけてほしいという手紙が多数届けられたため、当時のジェラルド・R・フォード大統領によってこの名が付けられた。

ただこのエンタープライズは滑空実験機であり、ファン達の望んだ「宇宙船エンタープライズ号」の誕生とはならなかった。一時は滑空試験の終了後に宇宙飛行ができるように改装する計画があったが、かわりにチャレンジャーを改装することとなり見送られた。初めて宇宙へ行ったオービタは2号機のコロンビアである。チャレンジャーを爆発事故で喪失した際に再度改装案が持ち上がるも、新たにエンデバーを建造する方が適切と判断されて実現しなかった。

試験終了後、国立航空宇宙博物館別館に展示されていたが、その間にほかのオービタの修理に使うため、機体の一部が取り外された。スペースシャトルが全機退役した後、ディスカバリーが同館で展示され、エンタープライズはニューヨークのイントレピッド海上航空宇宙博物館に移されることになった[1]。2012年4月24日、エンタープライズはボーイング747の背に乗せられたままニューヨーク市上空をデモ飛行し[2] 、同年6月にイントレピッドへ搬入された[3]

関連記事[編集]

このほかに実物大模型のパスファインダー (Pathfinder) もオービタとしてカウントされることがある。

脚注[編集]

外部リンク[編集]