エレバス級モニター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エレバス級モニター艦
写真は近代化改装後の「エレバス」。
艦級概観
艦種 モニター艦
艦名
前級 マーシャル・ネイ級
次級 ロバーツ級
性能諸元
排水量 基準:7,200トン
常備:8,000トン
満載:8,450トン
全長 123.4m
-m(水線長)
全幅 27.0m
吃水 3.56m
機関 バブコック・アンド・ウィルコックス重油専焼水管缶4基
+形式不明三段膨張型レシプロ機関2基2軸推進
最大出力 6,000hp
最大速力 12.0ノット
航続距離 -ノット/-海里
(重油:-トン)
乗員 315名
兵装 Mark I 38.1cm(42口径)連装砲1基
15.2cm(45口径)単装速射砲2基
7.62cm(45口径)高角砲
(近代化改装後:
Mark I 38.1cm(42口径)連装砲1基
10.2cm(45口径)単装高角砲8基
7.62cm(40口径)単装高角砲2基
ビッカーズ 13.2mm機関銃2丁
装甲 舷側:152mm(水線部)
甲板:25~51mm(主甲板)
主砲塔:330mm(前盾)、-mm(側盾)、-mm(天蓋)
防水隔壁(バルクヘッド):102mm(最厚部)
主砲バーベット部:203mm(最厚部)
司令塔:152mm(最厚部)

エレバス級モニター (Erebus class monitors) は、イギリス海軍モニター艦の艦級である。本級の主砲には前級に引き続き、超弩級戦艦リヴェンジ級」の余った砲身を流用する事により、砲撃能力を高めた艦として建造された。

概要[編集]

本級はイギリス海軍が艦砲射撃を行うために建造したモニター艦である。本級の特徴として最低限の航行能力を持った平甲板型の幅広い船体による安定性に重点を置いた設計を採っていた。船体が小型のために前弩級戦艦よりも吃水を浅く設計でき、本級は大型艦よりも座礁の危険性を少なくでき、より沿岸部に接近して砲撃が可能となった。

艦形[編集]

竣工当時に右舷から撮影された「テラー」。

本級の基本構造は乾舷が低い長船首楼型船体の艦首に1基の砲塔を配置していた。その背後に多層化した操舵艦橋を基部に持つ不釣合いなほどに高い、頂上部に見張り所を持つ三脚式のマスト、中央部に細い1本煙突が立つ。船体の断面図は安定性を増すために船体下部にバルジを装着している。舷側には沿岸砲台からの砲撃を受けた時の防御として最厚として152mm装甲が貼られ、甲板防御も同時代のイギリス軽巡洋艦と同等の25mmから51mm装甲を貼られた。また、本級には低速時の運動性を向上させるために艦首に補助舵が配置していた。

主砲、そのほかの武装[編集]

艦首甲板上から撮影された「テラース」の主砲塔。

本級の主砲として「クイーン・エリザベス級」や「リヴェンジ級」にも採用された「Mark I 38.1cm(42口径)砲」の連装式主砲塔がそのまま流用された。その性能は重量871kgの主砲弾を最大仰角30度で射距離26,520mまで届かせる事ができる性能で、射程13,600m台で舷側装甲305mmを抜く能力があったと記録に残っている。俯仰能力は仰角30度・俯角5度で発射速度は毎分2発である。動力は蒸気機関による水圧ポンプ駆動であり補助に人力を必要とした。旋回角度は艦首方向を0度として左右150度の旋回角が可能であった。 後に本級のうち「エレバス」の主砲身はイギリス海軍最後の超弩級戦艦「ヴァンガード」の主砲の砲身に流用された。

同型艦[編集]

関連項目[編集]

参考図書[編集]

  • 「世界の艦船増刊第30集 イギリス戦艦史」(海人社)
  • Conway All The World's Fightingships 1906-1921'(Conway)

外部リンク[編集]