エリーザベト・フランツィスカ・フォン・エスターライヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリーザベト・フランツィスカ、1885年頃

エリーザベト・フランツィスカ・マリア・フォン・エスターライヒElisabeth Franziska Maria von Österreich, 1831年1月17日 - 1903年2月14日)は、モデナ公子フェルディナント・カール(モデナ公フランチェスコ5世の弟、1821年 - 1849年)の妃。死別後、カール・フェルディナント・フォン・エスターライヒ=テシェンテシェン公カールの次男)と再婚した。

ハンガリー副王ヨーゼフ・アントンと3度目の妃マリア・ドロテアの娘として、ブダ(現在のブダペスト)で生まれた。

1847年10月4日、ウィーンでフェルディナント・カールと結婚し、1子をもうけた。

フェルディナント・カールは一人娘の誕生と同じ年に死去した。

1854年4月18日、従兄に当たるカール・フェルディナントと再婚し、6子をもうけた。