マリア・ドロテア・フォン・ヴュルテンベルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オーストリア大公妃マリア・ドロテア
マリア・ドロテア

マリア・ドロテア・フォン・ヴュルテンベルクMaria Dorothea Luise Wilhelmine Caroline von Württemberg, 1797年11月1日 - 1855年3月30日)は、オーストリア大公でハンガリー総督だったヨーゼフ・アントン・フォン・エスターライヒの3度目の妃。

ヴュルテンベルク公ルートヴィヒ(1756年-1817年、ヴュルテンベルク公フリードリヒ2世オイゲンの次男)と、妃ヘンリエッテ・フォン・ナッサウ=ヴァイルブルクの長女として、カールスルーエ(現ポーランドのポコイ)で生まれた。妹にヴュルテンベルク王妃パウリーネ

1818年8月24日、43歳のヨーゼフ・アントンとキルヒハイム・ウンター・テック(現在のバーデン・ヴュルテンベルク州の町)で結婚。5子をもうけた。