マリー=アンリエット・ド・アブスブール=ロレーヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリー=アンリエット

マリー=アンリエット・ド・アブスブール=ロレーヌ(Marie-Henriette de Habsbourg-Lorraine,1836年8月23日 - 1902年9月19日)は、ベルギー国王レオポルド2世の王妃。

ハンガリー副王を務めたオーストリア大公ヨーゼフ・アントンとその3度目の妻であるヴュルテンベルク公女マリア・ドロテアの末娘として、ハンガリー王国のペシュトで生まれた。

1853年に、ベルギーのレオポルド王子と結婚。2人の間には4子が生まれた。

長男レオポルド王子の死と、夫レオポルド2世との不和によって、マリー=アンリエットは次第に塞ぎ込むようになっていった。晩年には、公的な役割を第三王女のクレマンティーヌに任せ、温泉地であるスパに隠棲した。マリー=アンリエットは1902年に亡くなり、遺骸はラーケンノートルダム・ド・ラーケン教会にある王室納骨堂に埋葬された。