オイゲン・フォン・エスターライヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オイゲン大公
バート・イシュル市街を自動車で移動するオイゲン大公

オイゲン・フォン・エスターライヒEugen von Österreich, 1863年5月21日 ジドロホヴィツェモラヴィア - 1954年12月30日 メラーノ南チロル)は、オーストリア=ハンガリー帝国の軍人、陸軍元帥。ハプスブルク=ロートリンゲン家出身の最後のドイツ騎士団総長(在任1894年 - 1923年)。全名はオイゲン・フェルディナント・ピウス・ベルンハルト・フェリクス・マリア(Eugen Ferdinand Pius Bernhard Felix Maria von Österreich)。

オーストリア皇帝家の分家であるテシェン公爵家出身のカール・フェルディナント大公と、その妻でハンガリー宮中伯ヨーゼフ・アントン大公の娘であるエリーザベト・フランツィスカの間の末息子として、モラヴィアのグロース・ゼーロヴィッツ(現在のチェコジドロホヴィツェ)で生まれた。2人の兄と同様に軍人としての人生を歩んだ。また皇帝家の一員でありながら、家具職人としての技術を習得していた。

1894年に亡くなった叔父のヴィルヘルム大公から、ドイツ騎士団総長の職を引き継いだ(オイゲンはヴィルヘルム大公の個人資産の相続人でもあった)。オイゲンの下で、ドイツ騎士団は純粋に宗教的な騎士修道会へとその性格を変えた。また、ドイツ騎士団総長が兼務するオーストリア=ハンガリー第4歩兵連隊(K.u.k. Infanterie-Regiment Hoch- und Deutschmeister Nr. 4)の連隊長をも務めた。この他、プロイセン軍の第3胸甲騎兵連隊(Kürassier-Regiment „Graf Wrangel“ (Ostpreußisches) Nr. 3)の連隊長でもあった。第1次世界大戦では、陸軍元帥として西部戦線南方の最高指揮官を務めた。

1898年にザルツブルク州ホーエンヴェルデン城を購入し、この城を改築して居城とした。オイゲンは居城に莫大な数の美術品と武器を収集・陳列していた。1931年、ホーエンヴェルデン城は火の不始末から火事になり、大部分が焼けてしまった。オイゲンは莫大な資金をかけて城を再建した。1938年にアンシュルスが実施された後、オイゲンはナチス・ドイツの大管区指導者により、家屋敷を売却することを強要された。

1954年、南チロルのメラーノで91歳の高齢で亡くなった。

外部リンク[編集]

先代:
ヴィルヘルム・フォン・エスターライヒ
ドイツ騎士団総長
1894年 - 1923年
次代:
ノルベルト・ヨハン・クライン