エチオピア航空702便ハイジャック事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エチオピア航空702便
ET-AMF当該機(パリシャルル・ド・ゴール国際空港にて撮影)
事件・インシデントの概要
日付 2014年2月17日
概要 副操縦士によるハイジャック
現場 スーダン上空でハイジャック、ジュネーヴに緊急着陸
乗客数 193[1]
乗員数 9
負傷者数
(死者除く)
0
死者数 0
生存者数 202 (全員)[2]
機種 ボーイング767-3BGER
オペレーター エチオピア航空
機体記号 ET-AMF[3]
出発地 エチオピアの旗 エチオピアアディスアベバ・ボレ国際空港
経由地 イタリアの旗 イタリアローマ・フィウミチーノ空港
目的地 イタリアの旗 イタリアミラノ・マルペンサ国際空港

エチオピア航空702便 (-こうくう702びん, Ethiopian Airlines Flight 702) は、2014年2月17日に、アディスアベバ・ボレ国際空港からローマ・フィウミチーノ空港経由でミラノ・マルペンサ国際空港まで飛行する予定であった。エチオピア航空ボーイング767-300ERのこの飛行機は、アディスアベバからローマに向かう途中で、非武装の副操縦士によってハイジャックされ、ジュネーヴ・コアントラン国際空港に着陸した。乗客・乗員202名全員は無事だった。

事件[編集]

エチオピア航空702便は、2014年2月17日午前0時30分 (EAT: UTC+3) に、エチオピアアディスアベバボレ国際空港から出発した[4]。飛行機のトランスポンダは、スーダン上空を北へ飛行している際に、ハイジャックを表す国際コードである7500を発した[3]。機長がトイレに行くため、コックピットを出たときに、副操縦士がコックピットのドアをロックし、飛行を継続させた[5]。フライトは、ミラノマルペンサ国際空港に到着する前に、午前4時40分 (CET: UTC+1) にイタリアローマフィウミチーノ空港に寄る予定だった[4]。しかし、飛行機は、スイスジュネーヴまで飛び、副操縦士は自分自身が政治亡命をすることを試み、彼をエチオピアに引き渡さないという保証が得られるまで、ジュネーヴ・コアントラン国際空港航空交通管制と交信しながら、数分間旋回した[6][3][5][7]

午前6時2分 (CET: UTC+1) 、エンジンが1機フレームアウトし、燃料の残量があと10分ほどになった時点で、飛行機はジュネーヴ・コアントラン国際空港に着陸した[3][5]。飛行機をハイジャックした副操縦士は、コックピットの窓から外へロープを投げて降り、彼が自身をハイジャック犯だと認めたところで警察に連行された[5]。空港は、ただちに閉鎖された[8][3]。乗客・乗員に負傷者はいなかった[4]

この便は、それぞれの国の領空を飛行する間、イタリア空軍ユーロファイター タイフーンフランス空軍のミラージュの戦闘機にエスコートされた。スイス空軍英語版は、事件が通常業務時間(08:00-12:00、13:30-17:00)外に起こったため、応じなかった。スイス空軍の代表者によると、「空軍基地は夜間や週末には閉鎖されているため、スイスは介入することができない[9]。経費と配置の問題だ」と述べた[10]。スイスは、正常勤務時間外の領空の警備は、周辺諸国に頼っている。フランス空軍は、スイス領空での危険な飛行をエスコートするための許可を得ていたが、スイス上空で飛行機を撃墜する権限はない[10]

ハイジャッカー[編集]

702便のハイジャッカーは、同便の副操縦士で31歳のHailemedhin Abera Tegegnだった。飛行機の着陸後、彼はコックピットの窓から外へロープを投げて飛行機を脱出した。彼は、スイス当局に逮捕された[5][11]。スイス政府当局は、Tegegnに20年以内の実刑判決が下される可能性のある容疑を課せられることを発表した[12]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Lynch, Dennis. “VIDEO: Inside The Plane That Was Hijacked By Its Own Co-Pilot”. Business Insider. 2014年2月19日閲覧。
  2. ^ “Swiss confirm Ethiopian plane hijack”. (17 February 2014 Last updated at 08:16 UTC). http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-26222674 2014年2月17日閲覧。 
  3. ^ a b c d e “Hijacked Ethiopian plane probably flown to Switzerland for asylum”. Focus Information Agency. (2014年2月17日). http://www.focus-fen.net/news/2014/02/17/327464/hijacked-ethiopian-plane-probably-flown-to-switzerland-for-asylum.html 2014年2月17日閲覧。 
  4. ^ a b c “Ethiopian Airlines flight ET-702 of 17 February 2014”. (2014年2月17日). http://www.ethiopianairlines.com/en/news/prarchive.aspx?id=502 2014年2月17日閲覧。 
  5. ^ a b c d e “Ethiopian Airlines hijacker was co-pilot”. Capital News. AGENCE FRANCE PRESSE. (2014年2月17日). http://www.capitalfm.co.ke/news/2014/02/ethiopian-airlines-hijacker-was-co-pilot/ 2014年2月17日閲覧。 
  6. ^ Ethiopian Airlines hijack: Co-pilot took control of plane”. BBC News (17 February 2014, Last updated at 08:42 UTC). 2014年2月17日閲覧。
  7. ^ Hijacker arrested after Ethiopian Airlines flight forced to land in Geneva”. The Guardian. 2014年2月17日閲覧。
  8. ^ BREAKING: Hijacked Ethiopian Airlines Flight 702 From Addis Ababa To Rome Lands In Geneva; Airport Shuts Down, Passengers And Crew Safe, Airline Claims
  9. ^ http://rt.com/news/swiss-fighters-office-hours-514/
  10. ^ a b Swiss fighters grounded during hijacking as outside office hours”. AFP (2014年2月17日). 2014年2月17日閲覧。
  11. ^ Swiss confirm Ethiopian plane hijack, BBC News, 17 February 2014 Last updated at 01:44 ET.
  12. ^ Hjelmgaard, Kim (2014年2月17日). “Rome-bound flight hijacked to Geneva”. USA Today. http://www.usatoday.com/story/news/world/2014/02/17/ethiopian-airlines-flight-702/5546399/ 2014年2月19日閲覧。 

外部リンク[編集]