フレームアウト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フレームアウト (: flameout) とは、ジェットエンジン燃焼室内にて燃焼が停止することによって生じる、エンジン停止のこと。

フレームアウトにはいくつかの原因があり、先行機の高温高圧で酸素濃度が非常に低い排気ガス(ジェット後流とも言う)の吸入、燃料供給系統の支障、不充分な酸素供給、鳥(バードストライク)・火山灰などの異物吸入、機械的故障、悪天候などといったものがある。

フレームアウトは、巡航時や降下時といった、エンジンが中程度の出力または低出力に設定されている際に発生することが多い。多くの場合大事には至らない。フレームアウトから回復させる為にはパイロットはエンジンへの燃料供給を確保し、自機の飛行手順書に詳述される手順に沿ってエンジンを再始動すればよい。

ドイツで初期のジェット機であるメッサーシュミット Me262で使用されていた初期のユンカース・ユモ004のようなジェットエンジンは、フレームアウトを起こす可能性が大きかった。急激な加速や不適切なスロットル操作により空気/燃料比率が悪化し、フレームアウトが発生した。低高度で発生したフレームアウトは、しばしば航空機の損失をもたらした。

しかしながら、現代のジェット航空機は高品質な設計がなされており、さらにパフォーマンスを最適状態に維持するシステム(FADEC)により制御されている。そのため、今日におけるフレームアウトは、草創期のジェット航空機におけるそれほど危険なものではない。

特筆すべきフレームアウトに関する事故[編集]

ブリティッシュ・エアウェイズ9便エンジン故障事故
1982年、英国航空9便がガルングン山の火砕流上空で火山灰を吸い込み、エンジン4基が全て停止した。パイロット達は3基のエンジンを再始動して無事に着陸した。
ピナクル航空3701便墜落事故
2004年、ピナクル航空3701便は最大高度で過度に低速で飛んだために2基しかないエンジンの両方が停止した。パイロット達は再始動しようとしたが失敗し、ミズーリ州ジェファーソン付近に墜落した。
USエアウェイズ1549便不時着水事故
2009年、USエアウェイズ1549便がバードストライクにより全エンジンが同時にフレームアウト。飛行高度の維持が出来なくなり、近くを流れるハドソン川に不時着水した。離陸直後であったため低空を飛行しており、異常発生から着水まで3分程度の時間しなかった。