エイドリアン・ラモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エイドリアン・ラモ

エイドリアン・ラモAdrian Lamo1981年 - )は、アメリカ合衆国出身のハッカージャーナリスト。定住居を持たない放浪の生活とともにハッカーの活動を行ったことから、The homeless hacker(家なきハッカー)との代名詞で知られる。

人物・来歴[編集]

マサチューセッツ州ボストン生まれ[1]

2001年から2003年頃にかけて米国中を放浪しながら、マイクロソフトYahoo!Exciteワールドコムなどに代表される、数多の有力企業システムへの侵入でハッカーとしての名を馳せた[2]

2002年の2月、ニューヨーク・タイムズネットワークへの侵入と、そのうちの個人情報データベースへのアクセスの宣言により、2度の刑事告発を受け、やがて2003年9月9日FBI逮捕された[2][3]

侵入先に対して技術面の脆弱性などについての助言を与えるという活動スタイルから、時には感謝の対象ともなり、そこから『善意のハッカー』などとも呼ばれた[2][3][4]

WikiLeaksにアフガニスタンとイラクに関連するアメリカの機密情報を流したとされるブラッドリー・マニング (Bradley ManningFBIに通報し、マニングの逮捕につなげた張本人であり、2011年3月時点で、「彼のサポーターから狙われている」との理由で姿をくらましている。

参考文献[編集]