イーグル最小必須培地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イーグル最小必須培地(イーグルさいしょうひっすばいち、: Eagle's minimal essential medium:EMEM)とは、Eagle(1959年)による細胞培養培地であり、組織培養において細胞の維持に用いられる。

EMEMには以下の成分が含まれる。

EMEMの変法としてDMEM(ダルベッコ・フォークト変法イーグル最小必須培地)があり、これにはEMEMの約4倍のビタミンとアミノ酸、2-4倍のグルコースが含まれる。さらに、を含む。DMEMはヒト、サル、ハムスターラット、マウス、ニワトリの細胞を含むほとんどの種類の細胞に対応している。全内容はhereで調べることができる。

参考文献[編集]

  • Eagle, Harry、1959年8月21日「Amino acid metabolism in mammalian cell cultures」『Science』130巻3373号432~437ページ、doi:10.1126/science.130.3373.432

関連項目[編集]

  • RPMI(Roswell Park Memorial Institute medium) - リンパ球用の培地
  • GMEM(Glasgow's Minimal Essential Medium)