イガイ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イガイ科
Blue mussel (Mytilus edulis) shell.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
亜門 : 貝殻亜門 Conchifera
: 二枚貝綱 Bivalvia
階級なし : Autolamellibranchiata
亜綱 : 翼形亜綱 Pteriomorphia
: イガイ目 Mytiloida
上科 : イガイ上科 Mytiloidea
: イガイ科 Mytilidae
学名
Mytiloida Férussac, 1822
Mytiloidea Rafinesque1815
Mytilidae Rafinesque1815
シノニム

Dysodonta Mansuy, 1913

亜科

イガイ科(イガイか、Mytilidae)は、 二枚貝綱翼形亜綱の1科である。また、貧歯類 Dysodontaイガイ目 Mytiloidaイガイ上科 Mytiloidea それぞれの、現生の科としては唯一の科でもある。

特徴[編集]

貧歯類の名のとおり、蝶番部の鉸歯がないかほとんどない貧歯型 (dysodont) である。

貝殻は殻頂が前側に偏り三角形状になったものが多い。内側には真珠光沢がある。

分類[編集]

[編集]

種数はWoRMS[1]、和名は風樹館所蔵標本[2]・BISMaL[3]などによる。

食材[編集]

欧米[編集]

主にヨーロッパ各地の料理で利用される。料理法としてはペスカトーレパエリアブイヤベースワイン蒸しなどがある。特にフランス料理イタリア料理スペイン料理など南ヨーロッパで多用される。またベルギーのムール貝料理は有名で、タマネギリーキとともに蒸し煮にしたムール・マリニエール (Moules Marinière)・「ムール貝のビール煮」という郷土料理がある。トルコにはムール貝の外套膜の中に詰め物をしたミディエ・ドルマス(midye dolması、「ムール貝のドルマ」)という料理があり、メゼとして供される。

日本[編集]

日本では、伝統的にイガイが利用されるほか、ムラサキイガイがイガイと同様に利用されることもある。野生のムラサキ貝が各地の磯や防波堤などに群生しているのが見られるが、身が小粒で食材には適さない場合が多い。また貝毒の危険があり注意が必要。

ムール貝[編集]

フランス語のムール (moule) は、イガイ科全般を広く意味する言葉である。英語のマッスル (mussel) はイガイ科およびイシガイ目カワホトトギス科をも含む名称である。

脚注[編集]

  1. ^ Mytilidae in WoRMS”. 2012年10月28日閲覧。
  2. ^ 風樹館所蔵標本(イガイ科)”. 2012年10月28日閲覧。
  3. ^ Mytilidae in BISMaL”. 2012年10月28日閲覧。