ミドリイガイ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミドリイガイ属
Green Lipped Mussel (314300764).jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 二枚貝綱 Bivalvia
亜綱 : 翼形亜綱 Pteriomorphia
: イガイ目 Mytiloida
: イガイ科 Mytilidae
: ミドリイガイ属 Perna
学名
Perna Philipsson, 1788

ミドリイガイ属(ミドリイガイぞく、Perna)は、二枚貝綱イガイ目イガイ科の1属である。ミドリイガイなどが属す。俗にパーナ貝と呼ばれることもある。

日本でムール貝として販売されることがあるが、moule とは本来はイガイ科全般のことなので必ずしも間違いとは言えないものの、日本でムール貝といえば普通はムラサキイガイなどイガイ属の数種のことである。

[編集]

これらの中ではモエギイガイが最も離れており、他の2種が近縁である[1]

Perna indica Kuriakose & Nair1976Perna picta (Born, 1778) を独立させる説もあるが、1999年にペルナイガイと同種とされた[2]Perna picta がペルナイガイに含まれることは分子系統でも確認された[1]

特徴[編集]

イガイ属と異なり、成長すると前閉殻筋が退化する。

各種の特徴[編集]

ミドリイガイ Perna viridis
形や大きさなどはムラサキイガイによく似ているが殻は鮮やかな緑色。ムラサキイガイ群集に混じっていることもある。フィリピンなど太平洋西部の熱帯原産であるが、1980年代以降日本でも外来種として見られるようになった。東南アジアでは食用貝としてポピュラーな種であるが、見た目の鮮やかさから日本でも食材としても利用されることがある。
モエギイガイ Perna canaliculus (: Green-lipped mussel
モエギイガイ(パーナ貝)
日本には産しないが、ニュージーランドで養殖されているものが輸入されている。そのほとんどはボイル後冷凍されたもので、殻付き、片殻付き、剥き身などがある。日本の食料品店やレストランなどで見られる"ムール貝"は本種であることも多い。殻はやや緑がかり、茶色の放射状の線が多数ある。
ペルナイガイ Perna perna
大きさや形は他種と同様で、殻皮が茶色がかるため、英名を brown mussel という。本来は大西洋の熱帯・亜熱帯海域に広く分布し、日本には生息しない。北米にも自然分布していなかったが、1990年代にメキシコ湾などで確認されて以後、北米で勢力を拡大しつつある。メキシコ湾では2000年代初頭にミドリイガイの侵入が確認されたことから、逆の経路をたどって本種が日本を含む太平洋域に侵入する可能性もある。

出典[編集]

  1. ^ a b Wood, Ann R.; Apte1, Smita; MacAvoya, Elizabeth S. (2007), “A molecular phylogeny of the marine mussel genus Perna (Bivalvia: Mytilidae) based on nuclear (ITS1&2) and mitochondrial (COI) DNA sequences”, Molecular Phylogenetics and Evolution 44 (2): 685–698 
  2. ^ Hicks, David W.; McMahon, Robert F.; Ingrao, Debra A., Two invasive mussels in the genus Perna in the gulf of Mexico