イガイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イガイ
分類
: 動物Animalia
: 軟体動物Mollusca
: 二枚貝Bivalvia
亜綱 : 翼形亜綱 Pteriomorphia
: イガイ目 Mytilida
: イガイ科 Mytilidae
: イガイ属 Mytilus
: イガイ M. coruscus
学名
Mytilus coruscus
Gould,1861
和名
イガイ(貽貝、淡菜)
英名
Korean mussel
hard-shelled mussel

イガイ(貽貝、淡菜、学名 Mytilus coruscus )は、イガイ目イガイ科に分類される二枚貝の一種。東アジアの浅海岩礁に生息する大型の二枚貝である。外見は同属の外来種ムラサキイガイ M. galloprovincialis に似るが、イガイは日本沿岸の在来種で、食用に漁獲もされている。

日本での地方名は多く、カラスガイ(烏貝)、ニタリガイ、トウカイフジン(東海婦人)、セトガイ(瀬戸貝)、ヒメガイ、シュウリガイなどがある。「カラスガイ」(Cristaria plicata)はイシガイ科Unionidae)の一種に標準和名として充てられているので混同しないよう注意を要する。また学名のシノニムM. crassitesta がある。

特徴[編集]

成貝は殻長12-15cm・殻幅6cmに達する[1]。殻は厚く、表面は黒-黒褐色で弱い光沢がある。殻頂はよく尖り、鷲鼻のように曲がる。殻の内側は真珠層がよく発達し青灰色をしている。

北海道南部から九州朝鮮半島中国までの東アジア沿岸域に分布する。外洋に面した潮間帯から水深20mくらいまでの岩礁域に生息する。足から多くの足糸を出し、自分の体を岩などへ固定する。産卵期は3月-9月である。

ムラサキイガイに似るが、より大型で殻も厚いこと、殻頂が曲がること、表面が青みを帯びないことなどで区別できる。またムラサキイガイは波が穏やかな内湾に多いので、生息域でも区別できる。

分布域沿岸では食用に漁獲される。大型で美味だが大規模な流通はせず、主に漁獲地周辺で消費される。酒蒸し炊き込みご飯いがい飯)などに利用される。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「飲食事典」本山荻舟 平凡社 p27 昭和33年12月25日発行

参考文献[編集]

  • 波部忠重・奥谷喬司『学研中高生図鑑 貝II』1975年
  • 波部忠重・小菅貞男『エコロン自然シリーズ 貝』1978年刊・1996年改訂版 ISBN 9784586321063
  • 奥谷喬司 編著『日本近海産貝類図鑑』(イガイ科解説 : 黒住耐二)東海大学出版会 2000年 ISBN 9784486014065
  • 奥谷喬司・楚山勇『新装版 山渓フィールドブックス 海辺の生きもの』山と渓谷社 2006年 ISBN 4635060608

関連項目[編集]