ボボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ぼぼボボ

  • 女性器性行為を表す隠語。現在は福岡県福岡市およびその周辺の地域で主に性行為を表す方言だが、江戸時代には喜多川歌麿浮世絵にも登場した女性器を表す古語である。
    • 「とぼ(=性交)しても弄っても(くじっても=もてあそんでも)、いいぼぼと言うものはいつでもいい…」 小松引き「洗い髪姿の図」 喜多川歌麿 大錦絵組物 享和二年(1802)
      (すね)の白いどころではない。ぼぼの赤いところまでみえちゃァ、通を失うも無理はあるめぇ」 艶本 多歌羅久良「今様久米仙人の図」 喜多川歌麿 寛政十二年(1800)
  • 飛騨地方の方言で赤ん坊を表す「ぼぼさ」が訛ったもの。
  • 大麻」を意味するジャマイカスラング

人名[編集]

アフリカ系の人物に多い名前。

愛称

関連項目[編集]