アイカ (ハンガリー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイカ
アイカ上空

紋章
アイカの位置(ハンガリー内)
アイカ
アイカ
位置図
座標: 北緯47度06分02秒 東経17度33分08秒 / 北緯47.10062度 東経17.55223度 / 47.10062; 17.55223
ハンガリーの旗 ハンガリー
ヴェスプレーム県の旗 ヴェスプレーム県
面積
 - 計 95.05km2 (36.7mi2)
人口 (2004年)
 - 計 31,334人
 - 人口密度 329.65人/km² (853.8人/mi²)
等時帯 CET (UTC+1)
 - 夏時間 CEST (UTC+2)
郵便番号 8400
市外局番 88

アイカ (Ajka) は、ハンガリーヴェスプレーム県に所在する町。


概要[編集]

この地には紀元前1000年頃からケルト人が住んでいたが、2世紀ごろからローマ帝国が征服し、マジャル人10世紀頃まで統治していた。その後ハンガリー王国オスマン帝国領ハンガリーハプスブルク帝国などを経て次第に発展していったが、大きく発展したのは、社会共産主義下にあった19世紀後半に石炭資源が発見されたことと、1920年から1946年まで存在したハンガリー王国の時代であった1930年代にボーキサイト資源が発見されたことにより、急速に発展していった。また、1937年には世界初の、白熱電球に使われるクリプトンの工場がアイカ郊外に建設されている。この際に、新た工業都市化が進められ、4つの村に分かれていたアイカは1960年に合併することとなる。その後、1980年代に東欧革命が盛んに行われ、1989年には汎ヨーロッパ・ピクニックが発生し、1990年に民主主義共和制となったハンガリー共和国となって急速に地域発展が進み、現在に至る。

ちなみにアイカの名前が付いたのは、ハンガリー王国を統治していたイシュトヴァーン1世および妃のギーゼラに従属していた騎士の名前と言われており、早くとも11世紀から1214年にアイカの名前が記載されていたとされる。

観光名所[編集]

アイカは元々ハンガリー王国成立時にキリスト教へ改宗したこともあり、教会が多い。また、ガラス工芸の工房も盛んであり、アイカ・クリスタルと呼ばれ親しまれている。

事故等[編集]

中央ヨーロッパ夏時間 (CEST) 2010年10月4日12時25分(協定世界時 (UTC) 10時25分)頃、同地の郊外にある「ハンガリーアルミナ生産貿易会社」 (Hungarian Alumina Production and Trading Company) のアルミニウム精製工場にあるアルミニウムを精製する際に発生する酸化鉄(III)の赤泥廃液を貯水する池の堤防が決壊、貯水してあった赤泥廃液約100万立方メートル(3500万立方フィート)が流出し、廃液が周辺地域に流れ込んだ。

姉妹都市[編集]

関連項目[編集]