ギーゼラ・フォン・バイエルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴェスプレーム県にあるイシュトヴァーン1世とギーゼラの像
ヴェスプレームの教会に安置されている、ギーゼラの聖遺物

ギーゼラ・フォン・バイエルンドイツ語Gisela von Bayern, ハンガリー語Bajorországi Gizella, 985年頃 - 1060年または1065年)は、ハンガリーイシュトヴァーン1世の妃。カトリック教会福者

バイエルン公ハインリヒ2世と妃ギーゼラブルグント王コンラートの娘)の子としてレーゲンスブルク近郊で生まれた。995年(または1008年)にイシュトヴァーン1世と結婚。ハンガリーの政治を西方に開き、キリスト教化を推進するきっかけとなった。王との間には少なくとも3人の子をもうけているが、のちに聖人とされたイムレを含めて若くして先立たれた。

彼女は尊敬を集める生活をおくり、ハンガリー人のキリスト教化を助けた。夫の死後、ハンガリーから離れることを余儀なくされた。晩年はパッサウ近郊のニーデルンブルクにある女子修道院で暮らし、そこで死んだ。彼女の墓は聖なる場所として有名である。

ギーゼラの列聖の試みは18世紀になされたが失敗した。1975年列福された。

執筆の途中です この項目「ギーゼラ・フォン・バイエルン」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。