そのケータイはXXで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

そのケータイはXXで』(そのケータイはエクスクロスで)は、上甲宣之小説しより&愛子シリーズの第1作。

これを原作とした日本映画が2007年に公開されている。

概要[編集]

第1回『このミステリーがすごい!』大賞で、最終選考に残る。受賞には至らなかったものの、インターネット読者投票2位を獲得した事や内容が評価され、隠し玉(編集部推薦)として宝島社から2003年に刊行された。発行部数は約10万部。2007年には全国東映系で劇場映画化もされている。また、本作を原作とした漫画版が出版され、ケータイコミックサイト「ワンダーコミック」から配信されている。

第二章「赤いケータイは、トイレの個室で」の、火請愛子と西園寺レイカが公衆便所で格闘する場面は、『ジョジョの奇妙な冒険』の第四部「ダイヤモンドは砕けない」を意識して執筆された。阿鹿里村のモデルは、播磨新宮である。

ストーリー[編集]

女子大生の水野しよりは、友人の火請愛子とともに山奥の阿鹿里村を訪れる。だが、そこは、昔の風習が残る怪しげな村であった。しよりは押入れの中から見つけたケータイにかかってきた電話から、村の秘密を知る。だが、愛子との連絡が取れない。しよりは、ケータイの声に導かれ、脱出を試みる。


登場人物[編集]

水野しより(みずの しより)
女子大生。文学部に所属し、民族学を専攻している。過去に朝宮(あさみや)と付き合っていたが、朝宮の女癖が原因で別れる事に。その傷心旅行として、温泉巡りをしていたが、愛子に連れられ阿鹿里村へ来た。性格は穏和だが、人を信用しやすい節があり、弥生にも弱点だと指摘されている。
火請愛子(ひうけ あいこ)
しよりと同じ大学の同じサークルに所属する、しよりの友人。しかし、実際しよりに近づいたのは彼女の「別れ屋」という仕事に関係があった。別れ屋の中では業績トップの実力の持ち主。柔軟な思考の持ち主で(しよりには「コペルニクス的思考」と評されている)、レイカとの戦いにも競り勝った。
土田弥生(つちだ やよい)
しよりの友人。本作では登場機会は少なかったが、しよりにアドバイスを与えるなど助力していた。
しよりと同じ大学に入り、心理学を学んでいる。
西園寺レイカ(さいおんじ れいか)
愛子のかつての先輩で、実力は愛子に次いで二番目。だが、愛子が別れ屋の仕事でレイカと浮気相手を別れさせられた事で、愛子を恨んでいる。凶暴な性格である。この阿鹿里村の出来事が起きる半年前までは、凶暴ではなかった。(XX(エクスクロス)ゼロ 呪催眠カーズ)。裁縫バサミを常備している。
物部(もののべ)
京都大学大学院で、阿鹿里村の研究をしている。しよりが押入れから発見したケータイで、しよりの手助けをしていた人物。押入れのケータイは実は彼の妹のケータイであり、彼は妹のかわりにしよりの脱出に手を貸したのだった。ハスキーな声とは裏腹に、外見は太っていて醜く、初対面の際しよりに拳銃を向けられた。

書籍情報[編集]

映画[編集]

エクスクロス 魔境伝説
そのケータイはXXで
監督 深作健太
脚本 大石哲也
製作 千葉龍平樫野孝人
製作総指揮 小池賢太郎松橋真三
出演者 松下奈緒
鈴木亜美
中川翔子
小沢真珠
池内博之
岩根あゆこ
森下能幸
神威杏次
仁科貴
岩尾望
小山力也(声の出演)
音楽 池頼広
主題歌 Aly & AJ
『こわれそうな愛の歌』
原題:Potential Breakup Song
撮影 小松高志
編集 洲崎千恵子
製作会社 「XX」製作委員会
東映
配給 東映
公開 日本の旗 2007年12月1日
上映時間 90分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

エクスクロス 魔境伝説』のタイトルで、2007年12月1日に公開された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • Aly & AJ「こわれそうな愛の歌」(Potential Breakup Song)
    • ちなみに主役の鈴木亜美が「鈴木亜美 joins Aly & AJ」名義で日本語カバーしている。(アルバム「DOLCE」収録)

関連商品[編集]

※ DVD発売記念試写会(2008年5月14日)として、ニコニコ動画サイト内の生ライブで先着1000人限定で上映された。その際、出演者の鈴木亜美をゲストにトークショーも行われ、直筆サイン入りDVDが抽選で3人にプレゼントされるクイズ・キャンペーンも行われた。

漫画版[編集]

XX(エクスクロス)』のタイトルで、映画化記念に2007年11月発売。キャラクター原案:田島昭宇、作画・製作協力:Production I.G。設定などが異なるアナザーストーリーとして描かれている。

関連項目[編集]

  • 地獄のババぬき - 同主人公によるシリーズ続編とも言える作品で、本作からは1年半後の物語となる。
  • コスプレ幽霊 紅蓮女 - 同作の一編で、阿鹿里村を舞台とした後日談が書かれた。またしよりと愛子も登場している。

外部リンク[編集]