さこみちよ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

さこ みちよ(本名:三須通代 - みす みちよ、旧姓:左古 - さこ、1956年10月14日 - )は日本の女性歌手ラジオパーソナリティ大阪府守口市出身。大阪信愛女学院高等部中退。夫は落語家立川ぜん馬

来歴・人物[編集]

東京音楽院大阪校(スクールメイツ)などを経て、青森放送のラジオ番組オーディションに合格しデビュー。

TBSラジオでの大沢悠里とのコンビは『大沢悠里ののんびりワイド』、『大沢悠里のゆうゆうワイド』と続く名物となり、特に同番組内の「お色気大賞」では大沢との掛け合いで長年にわたって聴取者に親しまれている。リスナー対象の国内・海外ツアーにも共に参加しているほか、2人が出演するホテルのディナーショーも開催される。

ただし1978年以来続けている歌手活動は鳴かず飛ばずであり、「廃盤の女王」を自称、売れない事は大沢悠里はもちろん、毒蝮三太夫からもネタにされていてその度に余計なお世話だと返している。番組のパートナーの中で、同業の後輩佐田玲子からは、ネタとして一緒にされたら困る存在として冷たくあしらわれている。

2012年、ラジオ聴取者の作詞による振り込め詐欺への注意を喚起する替え歌「振り込め詐欺だよおっかさん」が反響を呼ぶ[1]

主な曲目[編集]

さこがレギュラーの『ゆうゆうワイド』金曜日に新曲が時折流されるが、時間がなく途中で曲を打ち切る場合には、大沢が「曲の途中ですが関東地方の方には交通情報をお届けします」というNHKラジオで流されているコメントを冗談で言って終わらせることがある。

  • 「帰っておいでよ」(デビュー曲、当時の名義は「左古みちよ」)→カップリング曲「今度の日曜日」1978年
  • 潮騒のメロディー」(現在の名義でのデビュー曲。後に高田みづえがカバーしてヒット)→カップリング曲「悲しみの別れ道」1979年5月
  • 「涙もよう」カップリング曲「恋歌なみだ酒」1982年2月
  • 「東京さかり場ラブコール」カップリング曲「愚図同士」1983年7月
  • 「浮気をやめない女」カップリング曲「未来に乾杯」1984年10月
  • 「あなたひとりの女」カップリング曲「お電話下さい」1988年12月
  • 「酒ワルツ/真夜中の恋歌」(一時期、ゆうゆうワイド内の交通情報のBGMにも使用)1992年12月
  • 「夫婦のれん」<作詞:吉岡治、作曲:大沢悠里、編曲:宮崎尚志>カップリング曲「いっさんばらりこ」1995年4月21日
  • 空に星があるように」(大沢悠里とのデュエット、元々は荒木一郎の自作ヒット曲)1997年12月
  • 「りばいばる大阪」<作詞:水木れいじ、作曲:岡千秋、編曲:伊戸のりお>カップリング曲「淡雪傘」1998年9月
  • 「燕になりたい」<作詞:井上ヨシマサ、曲:中国上海地方の民謡>2001年6月19日
  • 「丹波杜氏」<作詞:三谷仁史、作曲:宮崎尚志、編曲:宮崎尚志・冨田一三>2001年6月19日
  • 「夏祭り」<作詞:奥田一弘・冨田一三、作曲:冨田一三、編曲:冨田一三>2001年6月19日
  • 「食卓」<作詞:松本一起、作曲:犬飼伸二、編曲:徳武弘文>2004年5月16日
  • 「日曜日のテーブル」<作詞:佐野友紀、補作詞:松本一起、作曲:犬飼伸二、編曲:徳武弘文>2004年5月16日
  • 千の風になって」<作詞:不詳、作曲:新井満、編曲:古寺ななえ>2007年5月11日
  • 「私は歌う(DELTA DAWN)」<作詞・作曲:A.Haver/C.Collins 編曲:冨田一三>
  • 「星物語」<作詩・作曲:吉岡しげ美、編曲:古寺ななえ>2010年9月10日
  • 「あたたかい大地」<作詩・作曲:井上ヨシマサ、編曲:冨田一三>2010年9月10日
  • 「昭和のラジオ」<作詞:笹沼啓作、補作詞:榊原広子、作曲:榊原政敏、編曲:伊戸のりお>2014年4月18日

出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

出演CM[編集]

多くが『大沢悠里のゆうゆうワイド』内での放送。

  • とりせん
  • 新日本建物(歌)
  • 清芳亭の湯の花まんじゅう
  • 伊香保温泉朝風呂一番(終了)
    • もともとは5分番組だったものがTBSラジオで6時29分から1分間の「番組」形態のCMに移行。大沢悠里と共演。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山崎崇史 (2012年4月9日). “振り込め替え歌 反響…「被害防止に」” (日本語). yomiDr.. 読売新聞社. 2013年1月13日閲覧。

外部リンク[編集]