うずまき (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

うずまき』は、伊藤潤二ホラー漫画小学館の「週刊ビッグコミックスピリッツ」で1998年から1999年まで不定期連載された。2000年に映画化された。

作品概要[編集]

うずまきや螺旋は、古来よりその形から拡散する運動性、中心部への注目性、円の持つ循環性などからシンボルや芸術のモチーフとなり、同時にその機能的な形から機械的な用途でも用いられている。また、人工物のみでなく自然界にもうずまき、螺旋の型を成すものは非常に多い。このうずまきの持つ神秘性をテーマに独自の世界観を持って描かれた作品。ホラー漫画としても、繊細な画力とその独自の世界観によって上質な不気味さを出している。

あらすじ[編集]

呪われた土地、黒渦町に住む女子高生・五島桐絵とその恋人・斎藤秀一の周りで起こる禍々しい惨劇、怪奇現象。そして、これらの異変はすべてうずまきと関連があった。時間と共に徐々に現実と乖離し、捩れ歪む黒渦町。呪いが収束するその中心にあるものは…。

登場人物[編集]

用語[編集]

単行本[編集]

  • 第1巻 1998年10月1日発行 ISBN 4-09-185721-3
    • 第1話 うずまきマニア:その1
    • 第2話 うずまきマニア:その2
    • 第3話 傷跡
    • 第4話 窯変
    • 第5話 ねじれた人びと
    • 第6話 巻髪
  • 第2巻 1999年4月1日発行 ISBN 4-09-185722-1
    • 第7話 びっくり箱
    • 第8話 ヒトマイマイ
    • 第9話 黒い灯台
    • 第10話 蚊柱
    • 第11話 臍帯
    • 第12話 台風1号
  • 第3巻 1999年11月1日発行 ISBN 4-09-185723-X
    • 第13話 鬼のいる長屋
    • 第14話 蝶
    • 第15話 混沌
    • 第16話 続・混沌
    • 第17話 脱出
    • 第18話 迷路
    • 最終話 遺跡
  • ビッグコミックス ワイド版 2000年3月 ISBN 4-09-185816-3
    • 第1話-最終話
    • 特別編/銀河

映画[編集]

うずまき
監督 Higuchinsky
脚本 新田隆男
製作 宮崎大
三宅澄二
製作総指揮 黒澤満
出演者 初音映莉子
フィーファン
音楽 鈴木慶一
かしぶち哲郎
主題歌 Do As Infinity
「Raven」
撮影 小林元
製作会社 「うずまき」製作委員会
(オメガ・ミコット=スターマックス=小学館=スペースシャワーTV=TOKYO FM=東映ビデオ)作品
配給 東映
公開 日本の旗 2000年2月11日
上映時間 91分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

同時上映は『富江 replay[1]。監督のヒグチンスキーは本作が劇場作品初監督となる[1]。主演の初音映莉子は伊藤潤二作品のファンであり、本作の後も『押切』や『首吊り気球』などの伊藤潤二原作作品に出演している[1]

キャスト[編集]

(人物名/映画の配役)

制作スタッフ[編集]

映像ソフト[編集]

  • エスピーオーよりVHSDVDが発売された[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 宇宙船YB 2001, p. 94
  2. ^ 宇宙船YB 2001, p. 83.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]