Y氏の隣人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Y氏の隣人Rから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

Y氏の隣人』(ワイしのりんじん)は、吉田ひろゆきによる日本漫画作品。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて1988年より2002年まで連載された。単行本は全19巻。文庫版全8巻(傑作選)も刊行されている。

続編として『Y氏の隣人R』(ワイしのりんじんアール)が同社『オースーパージャンプ』に2008年現在も不定期連載され、全1巻出ている。

またTBSのテレビ番組『ギミア・ぶれいく』内で竹下景子主演の「竹下景子のY氏の隣人」としてテレビドラマ化、さらにつぶやきシローらの主演で映画化された。

概要[編集]

1話完結の短編オムニバス作品。世の悩める者の元に幸福の伝道師・ザビエールが訪れ、不思議な道具を与えて悩みを解消するが、時としてそれは幸福ではなく不幸な結果を招く事も。悩める者の元にはザビエールだけでなく、死神や天使などの面々も訪れる。世の中の不条理や、人間のエゴを描いた物語である。

登場人物[編集]

ザビエール
幸福の伝道師。その名の通り、フランシスコ・ザビエルのようなおかっぱ頭をしている。悩める人間に「不思議な道具」を与え、幸せに導こうとする。それは必ずしもハッピーエンドに終わらず、時として不幸な結末も招く。
基本的に翼を制御できずに破滅した人間に対しては冷めた反応を返したり「ウシャシャシャシャ」などと嘲笑うが、悪人と言えるような人間でないものが不幸に見舞わられるとショックを受けたりする。
トヤマ
薬売り。悩める人間に「特別な薬」を与える。その薬の効果は前世の記憶を蘇らせるものや、感情を抑えるものなど様々である。他の人物たちのアイテムに比べるとその人間の体に作用するためか、効果が切れたり過剰摂取した時の反作用が体の異常として発露するケースがメイン。
壱互壱衛
出会い屋。悩める人間に「出会い」を斡旋する。その斡旋内容は家族に始まり、恩師・友人・恋人など多岐に渡る。斡旋された人物と関係を築くことで幸せが訪れるが、大体において幸せを得るまでに何らかの不都合や面倒を背負い込む羽目になる。その不都合に付き合いきれず、斡旋に背いた場合は不幸な結末を招くことがある。
天ン邪鬼
真理を追求する鬼。世間に騙され続ける「バカ正直な人間」にだけその姿を認識することが出来る。自身を認識した人間を「マトモな人間(欲や嘘に塗れた人間)」にしようと画策するが、大体の場合が「バカ正直な人間」に拍子抜けさせられてしまうことが多い。
阿多福化粧品
化粧売り。悩める人間に「特別な化粧品」を販売する。その化粧品を使用する事で幸せが訪れるが、欲に溺れて化粧を重ねすぎると不幸な結末を招くことがある。
福の神
Tシャツに短パンという非常にラフな格好をした神。名前の通り運を司っており、「善行銀行」のオーナーとして登場する。
善行銀行は様々な善行を積むことでポイントが加算されて行き、それを消費することで任意の幸運を得ることができる。受験成功などの本人の能力依存が強い願いの場合、ヤマが当たるなどの形で達成される。ローンや利子など、通常の銀行のようなシステムも備える。また、故人から遺産として継承することもできる。
ローンの場合、先に幸運を得て後から善行を積んでいく形になるが、きちんと返済しないと利子が膨れ上がっていく。そして、本人の命すらも代償とした善行(例えば全臓器をドナーとして提供するなど)でようやく返済できるレベルになると「破産」として強制執行されてしまう。
似たケースとして、自分の運勢を前借できるアイテムが何パターンか登場するが、善行銀行が地道にやって報われるケースがあるのに対し、己の人生全てを代償として使いつくして破滅するケースしかない。


テレビドラマ版[編集]

「質草」「善行銀行」「恋愛ビデオ」などが『ギミア・ぶれいく』内で放送された。原作のストーリーをほぼそのまま映像化したものと、原作のアイデアをもとにオリジナルストーリーで進行するものがあった。


1998年4月5日放送版の出演は竹中直人辻つとむ

普通の生活を送っている人たちが、異様な世界に導かれて転落していく物語。全4話のオムニバス形式で、TBS系列にて放送された。

  • 第1話「善意の街」

ゲストは戸田菜穂大河内浩栗本慎一郎土屋久美子寺田千穂久保田寧子内堀七美ほか。

  • 第2話「ライフビデオ」

ゲストは高知東生鳥越マリ植村直子東風静新居朋子馬島梨絵ほか。

  • 第3話「欲望銀行」

ゲストは水野真紀北村総一朗田中広子須永千重結城しのぶ川俣しのぶ筒井万央牧やよいほか。

  • 第4話「僕の神様」

ゲストは加藤晴彦河合美智子高橋一生中島陽子斉藤ますみ伊佐山ひろ子本田博太郎ほか。

映画版[編集]

1997年12月18日VHSで発売されたオリジナルビデオ作品。

外部リンク[編集]