XaviX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
XaviXを採用したフィットネス機器・ゲーム機、XaviX PORT

XaviXザビックス)は、新世代株式会社が開発したユニークな技術の総称、あるいはそのコアとなるLSIチップのこと。多くの家庭用体感型玩具(体感ゲーム)に採用されている。

本稿ではXaviXチップを開発した新世代株式会社、およびXaviXチップを搭載したフィットネス機器・ゲーム機であるXaviX PORTについても解説する。

概要[編集]

XaviXは、正式にはXaviX Technology(ザビックス・テクノロジー)と言い[1]LSI技術、ソフトウェア技術、センシング技術などが含まれるが、通常XaviXと記述されている場合、そのコアとなるLSIチップであるXaviXチップのことを指す。XaviXチップは8ビットのCPU6502カスタム)ながら、コアとなるマイコンビデオプロセッサ、オーディオプロセッサ、A/D、D/A変換器、ヒューマンインターフェースI/Oなど、コンピュータに必要とされるすべての要件を4mm角のチップ内に搭載した、ユニークな高速システムLSIと言える。

1997年頃より徐々に米国日本のおもちゃメーカーの玩具に搭載されはじめ、アプリケーションは200種類以上にのぼる。代表的な製品は、エポック社の「体感ゲーム」シリーズ(2000年~)[2]タカラから発売されたe-karaポピラなどの「Plug It!」シリーズ(2000年~)、トミーの「テレビで遊び隊」シリーズ(2001年~)、スクウェア・エニックスから発売された『剣神ドラゴンクエスト 甦りし伝説の剣』(2003年)、バンダイの「Let's! TV プレイ」シリーズ(2004年~)[3]、などがあげられる。

代表的な入力インターフェースは、「エキサイトボクシング」や「剣神ドラゴンクエスト」のように赤外線センサーを使用してプレイヤーの動きをとらえるものであるが、「ファミリーマットレ」、「東京フレンドパークⅡ」のようなマット型、「スーパーダッシュボール」、「たまごっちりぞーと」のようなトラックボール型、「ぐるりんワールド」のようなハンドル型、「エキサイトステージ サッカー日本代表チーム」、「デジタルモンスター バトルジャンクション」のようなカードスキャン型、「アンパンマン かぞくで!育脳マットDX」におけるスティックのような加速度センサー型、「バトル体感ゴムゴムのかめはめ波〜おめぇの声でおらを呼ぶ〜」のような音声認識型など多彩なタイプが開発されている。

2004年にはカートリッジ式で複数の体感ゲーム(フィットネス)が楽しめるフィットネス機器XaviX PORTも発売されている[1]

新世代株式会社とは[編集]

XaviXを開発した新世代株式会社は、1995年に滋賀県草津市にて設立された会社。元々は滋賀県の隣の京都府京都市にある大手ゲーム会社任天堂にてファミリーコンピュータスーパーファミコンNINTENDO64などのゲーム機の開発に携わった社員らが、世代が進むにつれてどんどんマニア向けになるゲームに対する反省から、真に「家庭用」のゲームを作るためにスピンアウトして設立した会社である[4]。社長となった中川克也はファミリーコンピュータの開発の中心人物であった[5]

新世代社はベンチャー企業として滋賀県からの援助を受け、4年の歳月をかけてXaviXチップを開発し、それによって2000年頃から「家庭用体感型ゲーム」という新たなジャンルのゲーム市場を切り開いた。2004年には任天堂のファミリーコンピュータのようなコンシューマーゲーム機としてXaviX PORTを販売したが、体感が売りであるため、あえてゲーム機ではなくフィットネス機器として売り出した。

しかし、新世代社のスピンアウト元である任天堂がNINTENDO64・ニンテンドーゲームキューブと2世代続けてゲーム機のシェア争いに敗れた反省から、2006年、非ゲーマーにも親しみ易い体感型コントローラーであるWiiリモコンを採用したゲーム機Wiiを市場に投入した。Wiiの大ヒットによって、新世代社は体感ゲーム機の市場シェアを奪われた。さらに2007年、任天堂はXaviX PORTと類似したフィットネス用周辺機器Wii Fitを投入した。大手の任天堂が直接競合する製品をリリースしたことで、新世代社は市場から撤退せざるを得なくなった。

XaviX PORT[編集]

XaviX PORT
2007TaipeiITMonth XaviXPORT.jpg
ザビックス・ポート
メーカー 新世代株式会社
種別 据置型ゲーム機
世代 第7世代
発売日 アメリカ合衆国の旗 2004年
日本の旗 2005年9月22日
CPU WDC 65816@43MHz
対応メディア ロムカセット
コントローラ入力 体感型無線コントローラ
ステップセンサ
テンプレートを表示

XaviX PORTとは、新世代株式会社が北米で2004年、日本で2005年に発売したフィットネス機器、ゲーム機。標準価格は北米では79.99USドル、日本では9800円(税込)。XaviXチップを組み込んだ単機能型の体感型玩具とは異なり、カセット交換型のシステムを採用している。新世代社はエポック社などを通じて日本市場で単機能型の体感玩具を展開していたが、北米の玩具市場は日本と異なり、単体機能のゲーム玩具を投入したとしても日本同様の展開を図るのが非常に厳しいという考えから、カセット交換式のシステムを採用した(そのため、当初はXaviX PORTの日本での展開予定はなかった)[1]。XaviX PORTにカセットを取り付けて同梱の専用コントローラーを利用することで、エポック社の体感型玩具と同等のゲームがプレイできる。なお、マイクロチップはカートリッジ側にあるため、Xavix PORT自体はただのインターフェースである。

XaviX PORTの本体は入出力機能しか持たず、カートリッジ側にXaviX-Chipを搭載する仕様であるため、XaviX PORT発売時には開発中であった、3Dに対応した次世代XaviXであるXaviX2チップを搭載したソフトウェアを発売することも考慮されていた。カートリッジを交換することによって本体を買い換えなくともシステムが進化することを、港は変化せずとも荷物は時代と共に新しくなっていくことに例え、XaviX PORTと命名された[6]。2006年には周辺機器としてマット型入力機器であるステップセンサも発売された。

体感ゲーム機としてよりも健康トレーニング機器としての用途を想定しており、システムとしては紛れも無くカートリッジ交換型のゲーム機ではあるが、新世代社は「ゲーム機」としてではなく「フィットネス機器」としての販売戦略をとっている。XaviX PORTのゲームはコアCPUとして、XaviX-Chipから進化したSuperXaviX-Chip(65816カスタム)が使われている。なお、XaviX PORTが「フィットネス機器」として売り出されたのは、赤外線や加速度センサーによって動きを感知する仕組み上、どうしても精密な操作性に欠けてしまい、プレイヤーが飽きやすいことが影響したものと思われる(フィットネス機器であれば、多少飽きがきても続けられる)。これは任天堂Wiiにも言えることであり、Wiiが熱心なゲームファンから敬遠される原因の一つとなっている。

ゲーム機としてみた場合、

  • ゲーム機本体に機能が集約されている他社製品とは違ってカートリッジ側にチップが搭載されている(カセットビジョンなどと同じ方式。ソフトウェア価格が本体価格に比べて高くなる反面、本体を買い替えなくてもソフトウェア側の更新のみでより高性能なゲームがプレイできるメリットがある)
  • 全てのゲームを同一のコントローラーでプレイする他社製品とは違い、ソフトウェアごとにテニスラケットや野球のバットなどを模した専用コントローラーが付属する
  • 発売されたゲームカートリッジのほとんどに使われたメインチップのSuperXaviX-Chipがスーパーファミコンと同等の65816カスタム(ただし周波数は43MHzと大幅に高い)であるため、同世代のゲーム機と比較して性能が低い(後に高性能のXavix-2チップも発表されたが、その頃にはXavix Portそのものが下火になっていた)。
  • ソフトウェアがフィットネス要素・トレーニング要素を重視しておりゲーム性が希薄
  • ゲーム機第7世代のハードの中で発売時期と体感型コントローラーの採用が最も早い(Wiiリモコンに先行すること2年、KinectPlayStation Moveに先行すること6年)

などの特徴がある。

ジャッキー・チェンと共同開発したというJCS(ジャッキー・チェン・スタジオ)シリーズの『XaviX AEROSTEP』(北米では『Xavix J-mat』)などがローンチタイトルとして用意され、本体の発表会でも中川社長とともにジャッキーが登場した。Wiiの前々々世代機であるスーパーファミコン並みの性能とは言っても、Wiiに2年先行するのは大きく、当時体感型ゲームがプレイ可能なコンシューマー機はXavix PORTだけだったこともあり、北米を中心としてある程度ヒットし、香港や台湾などでも発売された。発売ソフトは世界で200タイトルに及ぶ。

2006年にはXaviX Portに類似した体感型コントローラーであるWiiリモコンを採用したゲーム機のWiiが、2007年にはWiiの周辺機器としてステップセンサに類似したバランスWiiボードが付属する家庭用フィットネス機器であるWii Fitが任天堂から発売され、共に爆発的に普及する中、XaviX PORTがどれほど対抗できたかは不明である。なお、2009年より公式サイトの更新がストップし、2015年にはサイトそのものが閉鎖された。

ちなみに、XaviX PORTもWiiも、テレビ側に置くセンサー(赤外線照射装置)と手元に持つリモコンとでプレイヤーの動きを検知するが、XaviX PORTの場合はテレビ側のセンサーから発した赤外線を手元のリモコンで反射させて、再びテレビ側のセンサーで拾っているのに対し、Wiiの場合はテレビ側のセンサーから発した赤外線を手元のリモコンのセンサーで直接拾い、それをBluetooth(無線)で本体に戻している。そのためXaviX Portのリモコンは電源不要であるがWiiの場合はリモコンにも電源が必要となる。また、Wiiの場合はリモコンに傾きを検知する3軸加速度センサも導入されている(XaviX PORTのソフトの一部にも使われている)。

専用アプリケーション一覧(日本)[編集]

この他に福祉施設等向けに一般販売されていない「ザビックスほっとプラス」「アタマ倶楽部」があり、2016年現在もサービス継続中である。

2005年[編集]

  • 9月22日 XaviX AEROSTEP(ザビックス・エアロステップ)
  • 9月22日 XaviX POWER BOXING(ザビックス・ベースボール)
  • 9月22日 XaviX TENNIS(ザビックス・テニス)
  • 9月22日 XaviX BOWLING(ザビックス・ボウリング)
  • 10月22日 XaviX GOLF(ザビックス・ゴルフ)
  • 10月22日 XaviX BASEBALL(ザビックス・ベースボール)

2006年[編集]

  • 4月27日 XaviX BEAUTYBALANCER(ザビックス・ビューティーバランサー) ※タカラトミー発売
  • 8月5日 XaviX AERO Check & Balance(ザビックス エアロ チェック&バランス)

2007年[編集]

  • 6月22日 XaviX PowerKIDS(ザビックス・パワーキッズ)
  • 6月 XaviX Aerostep M.C.(ザビックス エアロステップ ミュージック&サーキット)
  • 6月 XaviX EYEHAND(ザビックス・アイハンド)
  • 8月23日 XaviX PowerKIDS Jr.(ザビックス・パワーキッズJr.)
  • 9月27日 XaviX Bass FISHING(ザビックス・バスフィッシング)

2008年[編集]

  • 2月 ザビックス ゆっくりステップ
  • 10月中旬 Xavi+D3(ザビックス+D3) ※デサントヘルスマネジメント研究所発売

仕様[編集]

XaviX(主に玩具の体感ゲームで使用)[編集]

  • CPU : CISCプロセッサ@21MHz(6502カスタム)
  • グラフィック :
    • コンポジットビデオ信号出力(NTSC/PAL)
    • ピクセル解像度:256×224ピクセル
    • 同時発色数:約24,000色中256色
    • スプライト:256個
    • テキストスクリーン(バックグラウンドスクリーン):2面
    • ウィンドウマスク機能
  • サウンド :
    • 16チャンネル同時再生可能なPCM音源
    • エンベロープ機能搭載
  • I/O及び周辺 :
    • DMA(Dynamic Memory Access)機能
    • マウスインターフェース×2
    • 汎用タイマ×1
    • アナログ入力×6(8ビットADC搭載)
    • タブレットインターフェース
  • 外部メモリインターフェース :
    • アドレスバス:24ビット(最大96Mビットのメモリを接続可能)
    • データバス:8ビット

SuperXaviX(主にXavix Portのゲームで使用)[編集]

  • CPU : CISCプロセッサ@43MHz(65816カスタム、XaviX CPU互換命令セット+拡張命令セットをサポート)
  • グラフィック :
    • コンポジットビデオ信号出力(NTSC/PAL/PAL-M)
    • ピクセル解像度:最大720×448ピクセル(インターレース時)
    • 同時発色数:約20,000色中512色
    • スプライト:256個
    • テキストスクリーン(バックグラウンドスクリーン):2面
    • ビットマップスクリーン:1面
    • ウィンドウマスク機能
  • サウンド : PCM音源(16ch同時再生可能、エンベロープ機能搭載)
  • I/O及び周辺 :
    • DMA(Dynamic Memory Access)機能
    • マウスインターフェース×2
    • ライトガンインターフェース×2
    • 汎用タイマ×1
    • アナログ入力×6(8ビットADC搭載)
    • タブレットインターフェース
  • 外部メモリインターフェース :
    • アドレスバス:27ビット(最大768Mビットのメモリを接続可能)
    • データバス:8ビット/16ビット(メモリ毎に選択可能)
    • ページモード付きのメモリをサポート

XaviX-2(3Dゲーム等に最適化)[編集]

  • CPU : RISCプロセッサ@98MHz(オリジナルアーキテクチャ)
  • ジオメトリエンジン : 行列積,座標変換,ライティング等の処理が可能
  • グラフィック :
    • コンポジットビデオ信号出力(NTSC/PAL/PAL-N/PAL-M/NTSC4.43)
    • ピクセル解像度:最大720×576ピクセル(PALインターレース時)
    • 拡大縮小スプライト,ポリゴン(グーローシェーディング/テクスチャマッピング)表示可能
    • テクスチャマッピングにおけるパースペクティブコレクト機能
    • スプライト,ポリゴンに対するバイリニアフィルタ機能
    • アルファブレンディング機能
  • サウンド : ステレオPCM音源(64ch同時再生可能、ハードウェアによるエコー/リバーブ機能、デジタル補間フィルタ搭載)
  • I/O及び周辺 :
    • マウスインターフェース×4
    • ライトガンインターフェース×4
    • プログラマブル・シリアルインターフェース×2
    • 汎用タイマ/カウンタ×2
    • アナログ入力×4(10ビットADC搭載)
    • リクエストキュー付きDMA(Dynamic Memory Access)機能
  • 外部メモリインターフェース :
    • アドレスバス:30ビット(最大8Gビットのメモリを接続可能)
    • データバス:8ビット/16ビット(メモリ毎に選択可能)
    • ページモード付きのメモリをサポート
    • NAND型フラッシュEEPROM互換インターフェースをサポート

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]