ハッシュタグ・アクティヴィズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Twitterデモから転送)
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ハッシュタグ・アクティビズム

ハッシュタグ・アクティビズムとは、SNS上でハッシュタグを用いて展開される、社会運動の一種である。ツイッターなどのSNS上で「#(ハッシュタグ)」をつけて、意見を主張したり人々に議論をするよう呼びかけたりする[1]。政治や社会問題、チャリティのためなどさまざまな分野で行われる。

2020年9月に実施した社会運動や政治参加の経験に関する調査では、ハッシュタグ・アクティビズムに関する参加率は約5%で、これはオフラインでのデモ参加者の割合とそれほど変わらない調査結果となっている[2]

日本のツイッターデモ[編集]

2020年、検察庁法改正案を押し戻した反対運動がツイッター上で大きな広がりを見せた。同年5月には、世論の反対の声を受けて、政府・与党は検察庁法改正案について通常国会での成立を見送ることを決めた。この政府・与党による方針転換には、ツイッター上で「#検察庁法改正案に抗議します」との投稿が相次ぐ、大規模な「ツイッターデモ」が起きたことが強く影響したとみられている[3][4]

主な事例[編集]

人権[編集]

#BlackLivesMatter

#StopAsianHate

#WeThe15

女性の権利[編集]

#MeToo

ソーシャル・ネットワーク上で展開している、セクハラ被害を告発したりその被害者に共感したりする動き[5]

#KuToo

#HimToo

#WomenAgainstFeminism

政治[編集]

#ArabSpring

その他[編集]

#PrayforParis

#icebucketchallenge and #ALS

#GamerGate

#教師のバトン

参照項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 世界を変える「ハッシュタグ・ジェネレーション」” (日本語). NEUT Magazine (2016年9月9日). 2021年11月26日閲覧。
  2. ^ 社会運動において遅いインターネットは可能か|富永京子 | 遅いインターネット” (日本語). 遅いインターネット BY PLANETS (2021年7月22日). 2021年11月26日閲覧。
  3. ^ 「声が届いた」「安心できぬ」 検察庁法改正案見送りでネット反応さまざま” (日本語). 毎日新聞. 2021年11月26日閲覧。
  4. ^ ツイッターデモの拡散力 人が集まれない時代の市民運動:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年11月26日閲覧。
  5. ^ https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/02/metoo-2.php