The dress

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
The dress
デザイナー ローマン・オリジナルズ[1]
素材 レース[2]
画像外部リンク
論争となったドレスの写真を少し拡大した写真

The dressもしくはDressgate(ドレスゲート)[3]とは2015年2月26日午後に投稿され話題となったバイラル英語版写真である。FacebookTumblrといったソーシャルネットワーキングサービスに投稿されたドレスの写真だったが、その写真が色あせていたこともあり写っているドレスの色が青と黒なのか白と金色なのかで論争と化したことでインターネット・ミームとなり、#thedress#whiteandgold#blackandblueといったハッシュタグも登場した[4]

実際このドレスの色は青と黒であるのにもかかわらず[5]、色について意見を交わす人々や特定の色を知覚する理由はもちろん論争自体の馬鹿馬鹿しさを論じる人まで出るなどネット上の様々な場所で議論の対象となっていった。

神経科学色覚 (enといった分野の研究者も錯視の視点で科学的意見を述べている[6]。ドレス自体はローマン・オリジナルズ社の製品と判明していてミームの効果で売上が激増する結果となった[7]

発端[編集]

スコットランドのカップルが約一週間後に結婚式を挙げるにあたって、新婦の母親が、自分が結婚式に着ていくドレスとしてどうかと新婦に写真を送ったが、カップルはそのドレスの色について意見が食い違った。そしてカップルはFacebookにその写真を投稿したが、友人らのあいだでも色についての意見が食い違ったのだった。すなわち、白と金色のレースに見えた人もいれば青と黒のレースに見えた人もいたのである[8][9]

新郎新婦の共通の友人で、コロンゼー島で行われた結婚式で演奏したスコティッシュ・フォークミュージック英語版グループのコナク(Conach)のメンバーであるケイトリン・マクネイル (Caitlin McNeill) は、実際にドレスを見て明らかに青と黒だと確認したが[9]、その後グループのメンバーは写真に気を取られ議論に集中するようになり演奏もままならなくなってしまった。マクネイルが2015年2月26日に、写真をTumblrに投稿しフォロワーに同じ質問をしたことで、写真にまつわる議論がさらに一般の人々の間にまでも広がっていった[9][8]

反応[編集]

その日以降、写真はTwitterを含む世界中のソーシャルメディアで流行となり、"#whiteandgold"や"#blueandblack"、"#dressgate"といったハッシュタグ (enがドレスの色に関する意見や理論を投稿するために使用された。またこの写真は問題の馬鹿馬鹿しさに関する議論も巻き起こしており、ワシントン・ポストはこの論争に関して、「地球を分断するドラマ」と記している[8][10][11]。いくつかの記事でもドレスが視覚現実を超える実存的危機英語版や対人関係を破壊するほどの激論を引き起こすと提起している[8][12]

ニューヨーク・ビジネスジャーナルのベン・フィッチャーは、ドレスについて最初に報じたBuzzFeed社の記事への注目度が、一般的にバイラル・フェノメノン  (enが示すような釣鐘形カーブではなく縦型に激増する形になり、その結果、BuzzFeedが広告収入を増やす目的でドレスに関する追加記事を書くために編集班をふたつ設けたこと[13]、および、3月1日時点で、おおもとのBuzzFeed社の記事の閲覧数が3,700万に達したことを述べている[14]CNNのコメンテーターであるメル・ロビンス英語版もこのドレスを引き合いに出し、その週の初めに流行ったアリゾナ州の路上を歩き回るリャマの動画や、2月27日に死去した俳優のレナード・ニモイへの追悼といったニュースを比較に挙げて、「素晴らしくて笑える楽しい話題」を組み込んだポリアンナ効果に欠かせない要素を持つバイラル・フェノメノンであると述べた[15]

3月1日時点でBuzzFeed閲覧者の68%がドレスの色は白と金色だと答えていて[16]、数人はドレスの色はひとりでに変化するのではないかとコメントしている[8]。数多くの著名人からの関心も集めており、テイラー・スウィフトジェイデン・スミスフランキー・ムニッズデミ・ロヴァートミンディ・カリングジャスティン・ビーバーは青と黒だと言ったのに対し、アナ・ケンドリックB・J・ノヴァククリス・マーフィー英語版上院議員、ジュリアン・ムーアサラ・ハイランドは白と金色だと発言した。キム・カーダシアンは白と金色だとツイートしたが、夫のカニエ・ウェストは青と黒だと言ったとされる。ルーシー・ヘイルフィービー・トンキンカティ・ノラン英語版は時間によって色が違うように見えると発言した。レディ・ガガペリウィンクル英語版と砂色に見えると言ったが、一方デイヴィッド・ドゥカヴニー鴨の羽色だと発言した。エレン・デジェネレスアリアナ・グランデもドレスについて言及しているが色については触れていない[3][17][18][19][20][21]。政治家、政府機関、著名ソーシャルメディアプラットフォームまでも議論に参加している[22]

また、写真が露出オーバーホワイトバランスが貧弱であるため色あせてしまい、ドレスの色が実際の色ではなく白と金色だと認識してしまうのではないかという指摘もある[23][8]

このドレスそのものは、ローマン・オリジナルズが販売している「レース・ボディコン・ドレス」のロイヤルブルーと判明している。他の色は3色(赤、ピンク、アイボリーにそれぞれ黒のレース模様)あるが白と金色の配色のものは販売されていない。マクネイルによる投稿後、ローマン・オリジナルズ公式ウェブサイトへのアクセスが急増、同社の代表は「開店からわずか30分、しかも再入荷したところなのに売り切れた。驚くべきことになった。」と述べている[7]。2月28日、ローマン・オリジナルズは白と金色のドレス1着をコミック・リリーフチャリティオークションに出品すると発表した[24]

科学的見地[編集]

中央が写真の色合い。青みと金色をどう感じるかで左右の異なったパターンになる。
ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインの「哲学探究」で描かれているアヒルにもウサギにも見える絵

神経科学者ベヴィル・コンウェイ英語版ジェイ・ネイツ英語版は人間の脳における色認識の結果や、色順応英語版が意見の違いを生み出していると考えている。リバプール大学のポール・ノックスも似た理論を解説している[25]。コンウェイはまた、脳による昼間の空の様々な色を認識する方法とも関連しているであろうと考えており、「あなたの視覚システムがその物体を見ているとき、あなたは軸となる日光の色彩バイアスを差し引いて考えようとしている。」と述べ、さらに「青色を差し引く場合は白と金色に見えるが、金色を差し引いた場合は青と黒に見えることになる」と解説している[6]。ネイツは「我々の視覚システムは光源に関する情報を捨てたり、実際の反射率の情報を取り出そうとしている。しかし、30年間個人個人の色覚の違いを研究してきて、このケースは今まで見た中で一番大きな個人間の違いの一つだ」と述べている[6]。ある理論では、説明になりうるものとして、色の命名に着目している。眼は300万以上の色を区別できるがその中で名前がある色は20から30色ぐらいとされている[26]

脳神経学者で心理学者のパスカル・ウォリッシュは、生まれつき不定性である刺激があることは視覚研究の分野では長年知られているが、この例は色彩の分野でこのような刺激をもたらしたものとしては初めての例であり、ソーシャルメディアによって科学が注目することになった例であると指摘している。彼は光源と布地の差異によって受容のされ方がそれぞれ異なることを第一の理由としているが、ほかにもまた、刺激というものが、たいていの人々の感覚受容は切り替わるものではなく、もし切り替わるとすればきわめて長い時間をかけてのものであり、それは感覚の習得を労なく獲得しているような双安定性刺激にしてみてもきわめて珍しいものであるとも指摘している[27]。更にウォリッシュは、この感覚刺激は、科学にとっても、人々が心のうちで世界をどのように違った見方で見ているかを示すという範例 - それを認識することが世界平和の前提条件にもつながるであろうから - としても、このドレスの色の見え方について議論することはくだらない事ではないと述べている[28]。哲学者のバリー・C・スミス英語版は部分的な説明としてルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインウサギとアヒル英語版を連想している[29]

脚注[編集]

  1. ^ Spargo, Chris (27 February 2015), “What colors are this dress? White and gold or blue and black? Fierce internet debate is sparked by two-tone outfit - and even Kim and Kanye are divided!”, Daily Mail Online, http://www.dailymail.co.uk/news/article-2971409/What-color-dress-White-gold-blue-black.html 2015年2月27日閲覧。 
  2. ^ Lace Detail Bodycon Dress, http://www.romanoriginals.co.uk/invt/70931?colour=Royal-Blue 2015年2月27日閲覧。 
  3. ^ a b #Dressgate: The white and gold dress making our mind work until it's black and blue, http://www.smh.com.au/lifestyle/fashion/dressgate-the-white-and-gold-dress-making-our-mind-work-until-its-black-and-blue-20150227-13qqrc.html 2015年2月27日閲覧。 
  4. ^ Klassen, Anna (26 February 2015), What Colors Are This Dress? White & Gold or Black & Blue? The Internet Is Going Insane Trying To Find Out — PHOTO, Bustle, http://www.bustle.com/articles/66892-what-colors-are-this-dress-white-gold-or-black-blue-the-internet-is-going 2015年2月27日閲覧。 
  5. ^ Optical illusion: Dress colour debate goes global, http://www.bbc.co.uk/news/uk-scotland-highlands-islands-31656935 2015年2月28日閲覧。 
  6. ^ a b c The Science of Why No One Agrees on the Color of This Dress, http://www.wired.com/2015/02/science-one-agrees-color-dress/ 2015年2月27日閲覧。 
  7. ^ a b 'The Dress' flying off racks following Internet sensation: 'We sold out in the first 30 minutes of our business day', http://www.nydailynews.com/life-style/fashion/thedress-flying-racks-article-1.2131584 2015年2月27日閲覧。 
  8. ^ a b c d e f “The inside story of the ‘white dress, blue dress’ drama that divided a planet”. Washington Post. http://www.washingtonpost.com/news/morning-mix/wp/2015/02/27/the-inside-story-of-the-white-dress-blue-dress-drama-that-divided-a-nation/ 2015年2月27日閲覧。 
  9. ^ a b c The Dress Is Blue And Black, Says The Girl Who Saw It In Person, http://www.buzzfeed.com/claudiakoerner/the-dress-is-blue-and-black-says-the-girl-who-saw-it-in-pers 2015年2月27日閲覧。 
  10. ^ “Color Bind: This Dress is White and Gold, Right?”. Boston.com. http://www.boston.com/news/nation/2015/02/26/this-dress-white-and-gold-right/MxsJKvqOKtV4lMg84ffNEM/story.html 2015年2月27日閲覧。 
  11. ^ The Official Live Blog: Is This Dress Blue and Black or White and Gold?, http://www.slate.com/blogs/the_slatest/2015/02/26/the_great_blue_and_black_versus_white_and_gold_dress_debate.html 2015年2月27日閲覧。 
  12. ^ King, Kirsten (February 26, 2015), This Dress Is Ruining People’s Lives, http://www.buzzfeed.com/kirstenking/this-dress-is-taking-over 2015年3月1日閲覧。 
  13. ^ Fischer, Ben (February 27, 2015), The Dress phenomenon didn't happen by accident. It took big money., American City Business Journals, http://www.bizjournals.com/newyork/blog/techflash/2015/02/the-dress-phenomenon-didnt-happen-by-accident.html 2015年3月1日閲覧。 
  14. ^ Holderness, Cates (February 26, 2015), What Colors Are This Dress?, http://www.buzzfeed.com/catesish/help-am-i-going-insane-its-definitely-blue 2015年3月1日閲覧。 
  15. ^ Robbins, Mel (2015年2月28日). “Why blue/black/white/gold dress went viral”. CNN. http://www.cnn.com/2015/02/27/opinion/robbins-llamas-dress/ 2015年3月3日閲覧。 
  16. ^ Holderness, Cates (February 26, 2015), What Colors Are This Dress?, http://www.buzzfeed.com/catesish/help-am-i-going-insane-its-definitely-blue#.oc130dDPQ 2015年3月1日閲覧。 
  17. ^ Iyengar, Rishi. “The Dress That Broke the Internet, and the Woman Who Started It All”. http://time.com/3725628/the-dress-caitlin-mcneill-post-tumblr-viral/ 2015年2月27日閲覧。 
  18. ^ Jinks, Caitlin, 'I feel like it's a trick somehow': Taylor Swift and Kim Kardashian join other celebrities in dress debate taking over the internet, http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-2971498/I-feel-like-s-trick-Taylor-Swift-joins-celebrities-dress-debate-taking-internet-says-frock-obviously-blue-black.html 2015年2月27日閲覧。 
  19. ^ Sanchez, Josh, 'What color is this dress' confused celebrities, too, Fansided.com, http://fansided.com/2015/02/26/color-dress-confused-celebrities/ 2015年2月27日閲覧。 
  20. ^ Mahler, Jonathan. “A White and Gold Dress Overloads the Internet”. http://www.nytimes.com/2015/02/28/business/a-simple-question-about-a-dress-and-the-world-weighs-in.html?_r=0 2015年2月27日閲覧。 
  21. ^ Iyengar, Rishi (2015年2月26日). “Taylor Swift Says The Dress is Black and Blue”. http://time.com/3725450/dress-taylor-swift-black-blue-white-gold-celebrities/ 2015年3月1日閲覧。 
  22. ^ Jim Dalrymple II, Politicians, Police, And Brands Have Weighed In On "The Dress", Buzzfeed.com, http://www.buzzfeed.com/jimdalrympleii/politicians-police-and-brands-have-weighed-in-on-the-dress#.reMRDqg90 2015年3月6日閲覧。 
  23. ^ Why that dress looks white and gold: It's overexposed, http://mashable.com/2015/02/26/dress-white-gold-blue-black/ 2015年2月27日閲覧。 
  24. ^ Roman, (February 28, 2015), https://www.facebook.com/romanoriginals/posts/852832051445745 2015年3月1日閲覧。 
  25. ^ Viewpoint: Blue and black or white and gold?, News.liv.ac.uk, http://news.liv.ac.uk/2015/02/27/viewpoint-blue-black-white-gold/ 2015年2月27日閲覧。 
  26. ^ The Dress: The Big Colour Debate, Beamled.com, (2015-03-02), http://www.beamled.com/info/blog/the-dress-the-big-colour-debate/ 2015年3月6日閲覧。 
  27. ^ An experts lesson from the dress”. Slate (2015年3月2日). 2015年3月6日閲覧。
  28. ^ Why discussing the dress is not frivolous”. pascallisch.net (2015年3月2日). 2015年3月6日閲覧。
  29. ^ BBC News - What would Wittgenstein say about that dress?, Bbc.com, (2015-02-27), http://www.bbc.com/news/blogs-magazine-monitor-31662317 2015年3月6日閲覧。