TOKYO X

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

TOKYO X(トウキョウ エックス)とは、日本のブランドトウキョウX」の食肉としての販売名である。

日本のブランド豚の銘柄は250種類以上あるが、遺伝子を固定し、新しい合成種の系統として日本種豚登録協会に認定されたものは、トウキョウXが初である。なお、品種・系統名としては「トウキョウX」、食肉としての販売名は「TOKYO X」として登録されている [1]

概要[編集]

品種的には、バークシャー種、デュロック種、北京黒豚の三元交配種から産み出された[1]1990年4月に東京都畜産試験場で品種改良試験を開始し、1997年7月17日に合成種の系統豚として日本種豚登録協会(現在は日本養豚協会)に認定された[1]

肉の特徴[編集]

  • 枝肉規格が日本食肉格付協会の格付検査において「上」であること。
  • 肉の色が淡いピンク。
  • 脂肪の質、色が優れている。
  • キメが細かく、肉が柔らかい。
  • 肉に微細な脂肪組織が入る。
  • 肉が多汁性に富む。

飼育法[編集]

飼育は多摩地区や委託された他県の農家で行われており、以下の4点のコンセプトが設けられている。

安全性 (Safety)
指定飼料期間は抗生物質の添加や予防的な投薬を行わず、防疫に関しては子豚の頃にワクチンを使用する。
生命力学 (Biotics)
指定飼料にはポストハーベスト農薬を用いず、遺伝子組み換えを行っていない植物性飼料(トウモロコシや大豆粕など)を用いる。また、動物性飼料は与えない。
動物福祉 (Animal welfare)
TOKYO Xの販促サイトでは「豚にストレスを与えないように十分なスペースと開放的な施設で飼育する」と謳われているが、実際は繁殖用のメス豚を管理するため、妊娠期間中には妊娠ストールが、分娩後には分娩ストールが使用されており、母豚は方向転換できない檻に閉じ込められ、その行動は著しく制限されている。
品質 (Quality)
生産マニュアルに従い、出荷日齢や体重などを遵守する。

販売形態[編集]

東京都内にある小売店で組織されるTOKYO X Association加盟店だけが販売を許されている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 高崎, 禎子、飯塚, 佳子、鈴木, 亜由美、伊藤, 米人「トウキョウX豚肉の化学的, 物理的特性ならびに咀嚼特性」、『日本調理科学会誌』第38巻第5号、2005年10月20日、 404-409頁、 NAID 110001877005

外部リンク[編集]