TOKYO X

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

TOKYO X(トウキョウ エックス)とは、日本のブランドトウキョウX」の食肉としての販売名である。

日本のブランド豚の銘柄は250種類以上あるが、遺伝子を固定し、新しい合成種の系統として日本種豚登録協会に認定されたものは、トウキョウXが初である。なお、品種・系統名としては「トウキョウX」、食肉としての販売名は「TOKYO X」として登録されている[1]

概要[編集]

品種的には、バークシャー種デュロック種北京黒豚英語版三元交配種から産み出された[1]1990年4月に東京都畜産試験場で品種改良試験を開始し、1997年7月17日に合成種の系統豚として日本種豚登録協会(現日本養豚協会)に認定された[1]

肉の特徴[編集]

ロースに微細な脂肪組織(サシ)が入っている[2]。脂肪のうま味が特徴として挙げられ、焼き料理、炒め料理、しゃぶしゃぶなどに適している[2]。反面、背脂肪が厚く精肉の歩留まりが悪い、脂肪の融点が低く加工し難いといった欠点があり、加工業者からは敬遠されている[2]

日本調理科学会2005年に発表された研究報告に依れば、トウキョウX、LWD種[3]バークシャー種の3品による官能検査では、8項目の官能特性の内、「かたさ」、「ジューシー感」に有意差が見られ、トウキョウXはLWD種よりも1%有意で軟らかく、5%有意で「豚の臭み、獣臭」が弱いと評価されている[4]

東京都農林総合研究センター2014年に発表された研究報告でも、トウキョウXとバークシャー種のロースで官能評価試験を行っており、「やわらかさ」「旨味・コク」「噛みごごち」「香り・風味」の4項目と総合評価で有意に上回る結果が出ている[5]

生産形態[編集]

飼育は多摩地区や委託された他県の農家で行われており、以下の4点のコンセプトが設けられている[6]。これらは頭文字を取り東京SaBQ(トウキョウサバク)と呼ばれる[7]

安全性 (Safety)
指定飼料期間は抗生物質の添加や予防的な投薬を行わず、防疫に関しては子豚の頃にワクチンを使用する。
生命力学 (Biotics)
指定飼料にはポストハーベスト農薬を用いず、遺伝子組み換えを行っていない植物性飼料(トウモロコシや大豆粕など)を用いる。また、動物性飼料は与えない。
動物福祉 (Animal welfare)
TOKYO Xの販促サイトでは「豚にストレスを与えないように十分なスペースと開放的な施設で飼育する」と謳われているが、実際は繁殖用のメス豚を管理するため、妊娠期間中には妊娠ストールが、分娩後には分娩ストールが使用されており、母豚は方向転換できない檻に閉じ込められ、その行動は著しく制限されている。
品質 (Quality)
生産現場へ渡される「TOKYO X 生産マニュアル」が策定され、理想としての出荷日齢や体重などが明確に示されている[7]

販売形態[編集]

1986年に東京都がランドレース種系統豚「エド」を開発し、「エドポーク」として普及させようとしたが、この試みは流通面の統制が上手くいかずに失敗し、銘柄としての「エドポーク」も残っていない[7]。この事例を踏まえて、TOKYO Xでは生産協議会であるTOKYO X 生産組合と流通協議会であるTOKYO X-Associationの2業態の協議会を持つようにしている[7]

参考文献[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c 東京都農林水産振興財団.
  2. ^ a b c 三枝 1998, p. 15.
  3. ^ ランドレース種、大ヨークシャー種デュロック種三元豚
  4. ^ 高崎 2005, p. 404.
  5. ^ 小嶋 2014, p. 29.
  6. ^ 東京『SaBAQ』”. TOKYO X-Association. 2016年12月7日閲覧。
  7. ^ a b c d 植村 2009, p. 1.

関連[編集]

  • 兵頭勲 - トウキョウX研究開発当時の東京都畜産試験場長。後にトウキョウXの研究論文で農学博士号(畜産学)を取得。

外部リンク[編集]