東京都農林総合研究センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東京都農林総合研究センター
正式名称 東京都農林総合研究センター
英語名称 Tokyo Metropolitan Agriculture And Forestry Research Center
略称 農総研
所在地 日本の旗 日本
東京都立川市富士見町
所長 望月龍也
活動領域 農業技術・園芸技術
前身 東京都農業試験場
東京都畜産試験場
東京都林業試験場
上位組織 東京都農林水産振興財団
発行雑誌 農総研だより
ウェブサイト http://www.tokyo-aff.or.jp/center/
テンプレートを表示

東京都農林総合研究センター(とうきょうとのうりんそうごうけんきゅうセンター)は、東京都立川市富士見町にある、農業畜産林業の試験研究機関である。東京都(産業労働局)が、同センターの運営を財団法人東京都農林水産振興財団に2005年(平成17年)4月から委託している。職員のほとんどが東京都からの派遣職員(都の職員)である。

平成17年3月までは、東京都農業試験場東京都畜産試験場東京都林業試験場であったが、組織再編・財団化により島しょ部を除き同センターとなった。なお、島しょ部は、2005年(平成17年)4月に東京都水産試験場及び中央農業改良普及センターの島しょ部の支所とともに、東京都島しょ農林水産総合センターになった。2006年(平成18年)4月に、東京都立食品技術センターが、財団法人東京都農林水産振興財団が指定管理者となったことから、農林総合研究センターの一組織となった。平成20年4月に組織が一部改正された。2010年(平成22年)4月に公益財団法人化され、公益財団法人東京都農林水産振興財団となった。

組織[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]