スネクマ/チュルボメカ ラルザック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SNECMA/チュルボメカ ラルザック

ラルザック(Larzac)とは、スネクマチュルボメカの合弁企業であるGRTSによって生産される軍用のターボファンエンジンである。

主な用途はダッソー/ドルニエ アルファジェットである。:

インドで開発中のHAL HJT-36の試作機にも搭載されている。

仕様[編集]

一般的特性

  • 形式: 軸流式、2軸ターボファン, バイパス式ターボファン バイパス比: 1.13 (04C6), 1.04 (04C20))
  • 全長: 46.73 in
  • 直径: 吸気口: 17.79 in
  • 乾燥重量: 635.5 (04C6), 650 (04C20) lb

構成要素

  • 圧縮機: 低圧2段、高圧4段
  • タービン: 低圧タービン: 1段, 高圧タービン: 1段

性能

  • 推力: 2,970 lbf (13.2 kN) (04C6), 3,200 lbf (14.2 kN) (04C20)
  • 推力重量比: 4.6:1 (04C60), 4.9:1 (04C20)

出典: [2][3]


脚注[編集]

  1. ^ Larzac 04”. 2008年1月9日閲覧。
  2. ^ Vectors For September 2003”. 2008年1月9日閲覧。
  3. ^ Combat and training aircraft engines

外部リンク[編集]