HAL/チュルボメカ シャクティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シャクティエンジン

HAL/チュルボメカ シャクティチュルボメカではアルディデン1Hと呼ばれる)は、ヘリコプター用のターボシャフトエンジンである。

歴史[編集]

HALチュルボメカの産業用ヘリコプターの共同開発は1960年代に遡る。1961年、チュルボメカはアルトウステターボシャフトエンジンライセンス生産を、インドでのアルエットII(インド名:Cheetah)とアルエットIII(インド名:Chetak)の生産に合わせて認めた[1]

シャクティ/Ardiden 1H プロジェクトは、1999年HAL ドゥルーブ ヘリコプター用に動き出したが、アメリカのインドの核開発に対する制裁措置で計画は暗礁に乗り上げた。当初は、出力の低いTM333 エンジンだった。ドゥルーブの最初の飛行試験は、新型のシャクティを搭載して2007年8月16日に実施された[2]。2007末、HALは生産を始めた。

型式[編集]

  • アルディデン 1H
2007年12月にEASAによって認定[3]
  • アルディデン 1H1
2009年3月にEASAによって認定。シャクティという名称で生産。HAL ドゥルーブHAL 軽戦闘ヘリコプターで使用される[4]
  • アルディデン 1U
認定は2018年を予定。HAL 軽量汎用ヘリコプター英語版に搭載される[4]
  • アルディデン 3C/WZ16
AC352に搭載。AECCコンソーシアムの一部であるCAPIとDongan、サフランヘリコプターエンジンズによって共同開発された。EASAの認定は、2017年末までに、CAACの認定は2018年を予定している。
  • アルディデン 3G
Ka-62に搭載。2011年にKa-62のエンジンとしてロシアンヘリコプターズによって選択された。TBO(オーバーホール間隔)は5,000時間。

仕様[編集]

一般的特性

構成要素

性能


脚注[編集]

外部リンク[編集]