HAL/チュルボメカ シャクティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャクティエンジン

HAL/チュルボメカ シャクティ (チュルボメカではArdiden 1Hと呼ばれる) はヘリコプター用のターボシャフトエンジンである。

歴史[編集]

HALとチュルボメカの産業用ヘリコプターの共同開発は1960年代に遡る。1961年、チュルボメカはアルトゥステターボシャフトエンジンのライセンス生産インドでのアルエットII(インド名Cheetah)とアルエットIII(インド名Chetak)の生産に合わせて認めた。[1].

Shakti/Ardiden 1H プロジェクトは1999年HAL Dhruvヘリコプター用に動き出したが、アメリカのインドの核開発に対する制裁措置で計画は暗礁に乗り上げた。当初は出力の低いTM333エンジンだった。Dhruvの最初の飛行試験は新型のシャクティを搭載して2007年8月16日に実施された。[2].2007末、HALは生産を始めた。

仕様[編集]

一般的特性

構成要素

  • 圧縮機: 2段遠心式圧縮機、単段式高圧タービン

性能



搭載機[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]