HAL 軽戦闘ヘリコプター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

HAL 軽戦闘ヘリコプター

HAL 軽戦闘ヘリコプター

HAL 軽戦闘ヘリコプター

HAL 軽戦闘ヘリコプター(ハル けいせんとうヘリコプター、HAL Light Combat Helicopter)は、インドヒンドスタン航空機が製造する軍用の攻撃ヘリコプター。双発で空軍と陸軍に配備される。2006年に開発に着手され2010年3月29日に初飛行した[1]

概要[編集]

ドゥルーブの機構を流用しており、インド特有の高温の高山地帯での運用を主眼においた仕様になっている[1]。2017年までは試験飛行が実施され、順次改良が施される予定[1]

LCHの初期の照準装置はFLIRポッドで地上や空中の標的を捕捉する。情報は操縦士のヘルメットに表示される。LCHの主要な武装は20mm機銃で携行弾数は800発で有効射程は2,500 ft (0.76 km)で同様に4箇所のハードポイントに無誘導ロケット弾や誘導対装甲ミサイルを装備できる[1]。さらに2機のミストラル空対空ミサイルLAHATやHelina対戦車ミサイルを装備できる[1]

2020年に配備開始、2021年以降量産する予定[2]

採用国(軍用)[編集]

諸元[編集]

脚注[編集]