Ruby MRI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Ruby MRI
Ruby-logo-notext.png
作者 まつもとゆきひろ
開発元 Ruby コミュニティ
初版 1995年12月(24年前) (1995-12
最新版 2.7.0 - 2019年12月25日(33日前) (2019-12-25[1][2][±]
プログラミング言語 C言語
対応OS クロスプラットフォーム
種別 Rubyインタプリタ
ライセンス GNU GPL v2 (バージョン1.9.2まで)、2条項BSDライセンス (バージョン1.9.3以降)、Rubyライセンス
公式サイト www.ruby-lang.org
テンプレートを表示
Rubyの開発者のまつもとゆきひろ

MRI (Matz' Ruby Implementation[3]、Matz Ruby Interpreter[4]) またはCRubyは、まつもとゆきひろによって開発されたRubyリファレンス実装である。2011年に「JIS X 3017」として標準規格が制定されるまでは、MRIがRubyの言語仕様に準ずるものとして扱われていた。これは言語仕様を明文化しようとした試みである「RubySpec」が失敗した影響もある。Ruby 1.9以降ではYARV (Yet Another Ruby VM) が公式の実装に組み込まれている。

ライセンス[編集]

Rubyのインタプリタライブラリは、バージョン1.9.2まではGNU GPL v2Rubyライセンスデュアルライセンスとなっていた。バージョン1.9.3以降は2条項BSDライセンスとRubyライセンスのデュアルライセンスに変更された[5]

動作環境[編集]

MRIは以下のオペレーティングシステムで動作する。

脚注[編集]

  1. ^ 最近のニュース”. www.ruby-lang.org. 2019年12月31日閲覧。
  2. ^ naruse (2019年12月25日). “Ruby 2.7.0 リリース”. www.ruby-lang.org. 2019年12月31日閲覧。
  3. ^ Ruby処理系の概要”. Ruby Association. 2019年7月11日閲覧。
  4. ^ Rubyとは”. ruby-lang.org. 2019年7月11日閲覧。
  5. ^ Ruby 1.9.3 p0 リリース”. ruby-lang.org (2011年10月31日). 2019年7月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]