LFX mudigi

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

LFX mudigi(えるえふえっくす みゅーでじ)は、かつてニッポン放送が制作を行ったインターネットラジオのステーション名。地上デジタル音声放送実用化試験局のステーション名ではmudigiを使用していた。

概要[編集]

2000年12月1日に開始した、BSデジタル音声放送(BSデジタルラジオ)LFX488というブランド名の下で、LFX BBと名付けていたいたが、2006年3月31日までBSデジタル音声放送チャンネルの終了に伴い、LFX mudigiに改称され、2006年4月3日からインターネット放送を開始した[1][2]。当該ステーション名へ改称前は1日3時間(曜日により4時間)程の配信時間であったが、変更後は配信時間を12時間に拡大した。

2007年4月1日にて、ブランディング変更に伴い配信が終了。同年4月2日から、名称をSuono Dolceに改称し、ラブソング専門放送として編成内容を一新した。

楽曲権利処理[編集]

許諾処理の変遷[編集]

LFX488開局時の2000年12月時点で、インターネットラジオが黎明期であり日本国内の楽曲のネット配信の権利処理方法等が未整備だった。その為、音楽番組であるのに関わらず、LFX BBでのサイマル配信では楽曲オンエア時は無音になっていた。

その為、『ニッポン全国ヨッ!お疲れさん!』では例外として、番組パーソナリティであった吉田が担当していた曜日にて一部のインディーズアーティストに楽曲使用許諾を得て、彼らの楽曲をBSデジタル放送とネット両方で流す試みが行われた。2001年4月、帯番組であった『ヨッ!お疲れさん!』を改題した『ブロードバンド!ニッポン』開始時に、LFX488との同時放送(サイマル放送)することを条件として、レコード会社個別に許諾を得ていた。

この時の事を当時:デジタル&イベント局デジタルコンテンツ部長、現:取締役である檜原麻希は、「著作権は、JASRAC間とのインタラクティブ配信のルールにしたがって処理をしていたが、これだけでは権利許諾は不十分。JASRACが管理しない、コンテンツ制作したレコード会社、演奏家等に発生する隣接権のクリアするために、「権利者との個別交渉による許諾」」作業を実施した[3]

その結果、放送開始時点で許諾取得が出来たレコード会社は「ソニー・ミュージックエンタテインメント」と「東芝EMI」のみであったが、徐々に許諾会社を増やして行き、結果的にはヒット曲の7、8割がON AIR出来る迄に環境を整えた。

その後、2006年10月8日からラジオ・テレビの放送番組のレコード協会、実演家著作隣接権センターによる、楽曲のネット利用の集中管理が開始される事になった事により、基本的には全てのレコード会社の曲がLFX mudigiにして使用が可能になった。

楽曲許諾取得変遷[編集]

前述の楽曲の集中管理によって、著作権管理の厳しいディズニービートルズ関連の音源も使用出来ることとなったが、芸能界で老舗に当たる特定芸能プロダクションである、渡辺音楽出版ジャニーズ出版ホリプロスマイルカンパニーの原盤権管理楽曲については、個別に許諾を得る事が必要なため、それに該当する曲は使用出来ない場合があった。
2001年4月以降
2006年4月15日時点※上記追加分
2006年6月25日時点※上記追加分

配信した番組一覧[編集]

サービス終了時点[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ニッポン放送、楽曲や動画番組をストリーミング配信する「LFX mudigi」”. Impress Watch (2006年4月3日). 2018年4月17日閲覧。
  2. ^ ニッポン放送、ネットラジオを大幅ボリュームアップ -12時間に拡大し、音楽も大量発信。BSラジオは終了”. 2006年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月11日閲覧。
  3. ^ 山崎潤一郎のネットで流行るもの “誰でも合法ネットラジオ”は日本でも実現する? - ウェイバックマシン(2004年4月6日アーカイブ分)

関連項目[編集]

関連リンク[編集]